ちづるのもっと!ぬりえライフ

自分に合った、自分だけの、心地良い「ぬりえライフ」を。ぬりえライフアドバイザー・ちづるが、大人の塗り絵(コロリアージュ)を通して、ぬりえライフをもっと楽しむためのヒントを発信します。

MENU

Instagramの2017 best nineで今年を振り返ってみよう

Instagramを始めてから毎年やっている「 best nine」。

その年のいいねが多かった投稿・トップ9を自動的に1枚の画像にまとめてくれます。

今年も2017年のbest nineをやってみました。

best nineの画像からこの1年を振り返ってみたのでご紹介します。

 

best nineはこちらから

以下のサイトで自分のInstagramアカウント(ID)を入力するだけ。

2017bestnine.com

表示された画像は保存することができます。

続きを読む

先を見通しすぎて行動する前から諦めるクセをやめたい

私には、先を見通しすぎるというクセがあります。

「いいな」「私もやってみようかな」と思ったとき、段階を踏んで考えるのではなく、いきなり最終ゴールに目がいってしまう。

最終ゴールはこうなるだろう、こうなりたいと想像し、「いや、でも私には無理かも……」と1人で否定して終わる。

過程を全てすっ飛ばして最終ゴールを想像し、自分で否定し、諦める。

こうなることが結構多いんです。

f:id:chizurumaro:20171213150122j:plain

続きを読む

【ご質問】パステルを使った後、隣のページが汚れないように何か対策はしていますか?

今日はパステルについてのご質問です。

パステルを使いたいのですが、本を閉じたときに隣のページが汚れてしまいそうで使えずにいます。

ちづるさんは何か対策などされていますか? 

何もしていません。笑

パステルを使ったら隣のページが汚れないか心配になりますよね。

私は「意外と汚れないんだな」とわかり、何も対策をせず本を閉じていました。

しかし、今回改めてパステルを使ったページを見てみたところ、気づいたことがありました。

続きを読む

色鉛筆のカタログは見ているだけで意欲を刺激される

先日、色鉛筆を数色買い足しに画材屋さんに行きました。

そこで色鉛筆のカタログを大量に発見。

興奮しながら1冊ずつ頂いてきました。

f:id:chizurumaro:20171130114013j:plain

以前からあったのかもしれませんが、気づいたのは今回が初めて。

カタログを見るのがとても楽しかったのでご紹介します。

続きを読む

【ご質問】広い範囲を塗るとき面倒で雑になってしまいます。工夫していることはありますか?

今日お答えするご質問はこちら。

私は広範囲を色鉛筆で地道に塗るのが面倒で雑になってしまいます。

ちづるさんが広範囲を塗るときに工夫されていること等あれば教えていただきたいです。

広範囲を色鉛筆で塗るのはなかなか大変ですよね。

私の場合、広範囲を塗る際に特に意識しているということはなかったんですが、今までの作品を振り返ってみたところ共通点があったので、ご紹介したいと思います。

続きを読む

2年ぶりに色辞典のカラーチャートを作り直した結果

先月から少しずつ油性色鉛筆・色辞典のカラーチャートを作り直していました。

「色鉛筆ワークブック」を始めたことによって以前と塗り方が変わり、ポリクロモスやプリズマカラーのカラーチャートをキレイに塗ることができるようになりました。

そうなると、2年前に作った色辞典のカラーチャートの拙さが気になって仕方ない。

そこでこちらも作り直すことにしました。

カラーチャートではありますが、久しぶりに色辞典を全色使ってみて気づいたことや、2年前との比較をご紹介します。

f:id:chizurumaro:20171128135815j:plain

続きを読む

【色鉛筆ワークブック・その6】自分で課題をプラスするとより充実した内容になる

描き込み式色鉛筆ワークブック、チャプター1のレッスン9まで終わりました。

先日こちらの記事で、無意識に濃く塗っていたこと、濃く塗ることを目的としていたら薄塗りが雑になっていたことなどをお話しました。

そのため、レッスン9では均一に薄く塗ることを課題として取り組みました。

今日はレッスン9を終えて気づいたことをご紹介します。

続きを読む

予め配色を決めてもどこに何色を塗るか迷ってしまう。そんなときは?

8月から本腰を入れて塗っている「マジカル・タワー」の市場のページ。

壁や窓枠などイラスト大半の色塗りがようやく終わりました。

前回はこちら。

このページは予め全体の配色イメージを決めて塗り始めました。

にも関わらず、ここまででものすごーく時間がかかっています。

今日はその理由と対策についてお話します。

続きを読む

大人の塗り絵といえばこの鉛筆削り?ステッドラー三角筒型鉛筆削りを使ってみました

現在ポケットタイプの鉛筆削りを数種類使用して比較しています。

今日は、ステッドラーの三角筒型鉛筆削りのご紹介です。

ステッドラー 鉛筆削り ノリスクラブ 512 128 三角筒型

ステッドラー 鉛筆削り ノリスクラブ 512 128 三角筒型

 

この鉛筆削り、私が塗り絵を始めた頃からよく目にしていました。

Amazonで塗り絵本や色鉛筆を見ていると、高確率で関連商品として登場します。

鉛筆削りの売れ筋ランキングでは1位になることもしばしば。

そんなに良い鉛筆削りなの?

元々ポケットタイプの鉛筆削りに苦手意識を持っていたため、気になってはいたけど長いこと購入を見送っていました。

今回鉛筆削りの比較を機についに購入。

売れ筋1位の鉛筆削りは実際使ってみてどうだったのか?

削った色鉛筆の画像と合わせてご紹介します。

f:id:chizurumaro:20171121120329j:plain

続きを読む

色辞典の蛍光色は塗りにくい!?

トンボの油性色鉛筆「色辞典」を購入してから2年経ちますが、カラーチャートの作成以外で蛍光色を使用したことがありません。

現在ひっそりと色辞典のカラーチャートを作り直しているのですが、久しぶりに蛍光色を塗ったところ、

こんなに塗りにくかったっけ……!?

と衝撃を受けました。

今日は色辞典の蛍光色について、塗るのが難しいと感じた点をご紹介します。

f:id:chizurumaro:20171120113913j:plain

続きを読む