ちづるのもっと!ぬりえライフ

自分に合った、自分だけの、心地良い「ぬりえライフ」を。ぬりえライフアドバイザー・ちづるが、大人の塗り絵(コロリアージュ)を通して、ぬりえライフをもっと楽しむためのヒントを発信します。

MENU

【お悩み相談】コピーして塗ったものをSNSに投稿するのは著作権の侵害になる?

今日は著作権についてのお話です。

あー!またか!

この問題本当にややこしいし難しいよね・・・。

最近Instagramでは、塗り絵本を水彩紙等にコピーして水彩絵の具で塗り絵を楽しむという動きが広まりつつありました。

私もそれを見て「素敵!楽しそう!」とワクワクしていました。

しかし、コピーして塗ったものをSNSに投稿することは著作権法の私的利用の範囲を超えるのではないかと、過去の投稿を一部削除する動きが出てきたのです。

それを見た他の方も焦り、同じように過去の投稿を削除し始めました。

私はこの一連の動きを見ていてどうにも腑に落ちないところがあり、もやもやしていました。

いろいろ思うことはあるものの、このことについてブログに書いてもいいのかな・・・。

迷っていたところ、フォロワーさんからこのコピーの著作権に関して「ちづるさんはどう思いますか?」とご相談をいただきました。

「私の考えを言ってもいいんだ!」と背中を押していただいたように感じたので、今日は思い切って私の考えを書きたいと思います。

なお、今回のコピーの著作権問題については、水彩紙等へコピーして塗ってSNSに投稿するということの他に、塗り絵交換のためにコピーして塗ったものをSNSに投稿するということもあるみたいです。

しかし、私は塗り絵交換をほとんどせず、そちらについてはいまいち状況を理解しきれていないので、今回は水彩紙等へのコピーに限ってお話しします。

法律に関しては素人なので浅はかな考えになるかもしれませんが、正直に自分の意見を書きたいと思います。

f:id:chizurumaro:20170307145503j:plain

続きを読む

【お悩み相談】SNS上だけでやりとりしている顔も本名も知らない人は「友達」?

今日はTwitterやInstagramなどのSNSに関するお話。

こんなご相談をいただきました。

先日友達に会ったとき、塗り絵の話題になりました。

塗り絵専用でInstagramを始めて数人のフォロワーさんに作品を褒めてもらえたことや、ちづるさんとこうしてSNSでお話したり、たまに塗り絵の悩みのことで相談に乗ってもらったりすることなどを友達に話したら、

「たくさん友達ができたね!よかったね!」

と言われました。

そこで少し疑問に思ったのですが、SNS上だけでやりとりしている、会ったこともなければ顔も本名も知らない人たちのことを「友達」だと思ってよいのでしょうか・・・。

ちづるさんはどう思われますか?

SNSを利用していて、同じように疑問を持ったことのある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

率直な私の考えをお話すると、

「あなたが友達だと思えば友達だし、そう思わないのであれば友達ではない」

になります。

SNS上のやりとりだけで「友達」と思うかどうかは人それぞれ。

友達だと思っている人もいれば、そうでない人もいるはずです。

今回は塗り絵関係のつながりに限定して、私の考えをお話します。

f:id:chizurumaro:20170306152324j:plain

続きを読む

【お悩み相談】塗り絵は本に直接塗る?コピーして塗る?

今回のご相談はこちら。

私の最近の悩みです。

塗り絵の本を購入していざ塗る際に、本に直接塗るか、コピーして塗るかとても悩みます。

本当は直接塗りたいのですが、塗った後に「やっぱりこんな配色も試してみたかったな」と色々考えてしまうからです。

ちづるさんはいつも直接塗られていますか?

このようなことを思ったことはありますか? 

同じように感じたことのある方いらっしゃるのではないでしょうか。

私は本に直接塗る場合とコピーする場合を使い分けています。

どういうことを基準に使い分けているかをまとめました。

f:id:chizurumaro:20160912154344j:plain

*こちらは切り抜くためにコピーしました。(詳細は後述)

続きを読む

占いは当たらないと思っていた私が、占いを上手く活用できるようになった理由。

今日は塗り絵の話題ではなく、「占い」に関するお話です。

あ、全然怪しい話題じゃないよ!大丈夫だよ!汗

今まで星座占いとかを見ても自分に当てはまることがなくて、占いはあんまり当たらないものなんだと思っていました。

しかし、最近それは違うことに気づきました。

占いは当たる当たらないではなく、いかにして活用するか。

今回は占いについての私の最近の気づきについてお話しします。

f:id:chizurumaro:20170228141129j:plain

続きを読む

水性ペン・プレイカラーKのムラになりにくい塗り方

昨年購入した水性ペン・プレイカラーK 。

0.8mmと0.3mmのペン先があるツインペンです。

1本で細かいところと範囲の広いところを塗ることができるので、とても便利。

なんですが、色によってムラができやすかったり、用紙によってはボソボソができてしまうことがあります。

このボソボソだけでもどうにかならないかと塗りながらあれこれ試したところ、比較的ムラになりにくい塗り方があったのでご紹介します。

なお、今回ご紹介する塗り方はムラになりにくいというものであり、全くムラができないというものではないので、その点だけご注意ください。

f:id:chizurumaro:20170227115030j:plain

続きを読む

【前編】「ねむれる森」のドクロを黒とピンクで塗ってみた。

今回は「ねむれる森」のドクロを塗りました。

「ねむれる森」初めての作品です。

この塗り絵本は買ってから1年以上経つんですが、やっと1ページ目という・・・。

今回は前編としてイラスト部分の着色をご紹介します。

背景部分はこれから色々といじるので、そちらは後編として完成次第ご紹介します。

 

ということで、イラスト着色完了までがこちら。

f:id:chizurumaro:20170224163939j:plain

続きを読む

【お悩み相談】塗り絵のプレゼントは自分の趣味の押し付けになる?

今回のお悩み相談は、趣味のオススメと押し付けの境界についてです。

ご相談いただいた文章を私の方で一部要約させていただきました。

【塗り絵を人にプレゼントや勧める時、「趣味の押し付け」になる境界線は?】

6歳の姪のクリスマスプレゼントに色鉛筆と塗り絵本を贈りたいと思っています。

私が塗り絵にハマっているので、姪は我が家に来るといつも一緒に塗り絵をします。

姪は塗り絵は嫌いではないと思いますが、「私がやっているから」、真似したいお年頃という理由が大きい気がします。

クリスマスに贈ろうと考えている色鉛筆と塗り絵本は、姪の好みも考えて選んだので喜んでくれる自信はあります。

しかし、これは私の趣味の押し付けではないか?「姪が喜ぶ<私が贈りたい」になっている気がします。

 (誰の影響でもなく) 姪が本当に好きな物、一番喜びそうな物を贈るべきでは・・・と、悩み続けています。

また、姪に限らず、塗り絵は楽しいし良い効果もあるし、つい人に勧めたくなります。

でも嫌いな趣味を押し付けられるほど鬱陶しい事はないと思います。

勧める時は軽く楽しいよーと言うのに留めています。

好意的な紹介・お勧めと、押し付けの違いはなんでしょう?

リアル社会でどこまでがOK?

皆さん塗り絵好きさんは人に教えたい勧めたい気持ちをお持ちだと思いますが、ちづるさんはリアル社会での違い・境界線はどこだと思いますか?

みなさん、お気づきでしょうか・・・。

「クリスマスプレゼント」です。

この方からのご相談、クリスマス前にいただいていたんですが私がもたもたしていたせいでこんな時期での回答となってしまいました。

このご相談者様がすごく優しくて「来年以降も悩むと思うので回答の時期は気にしないでくださいね」というお言葉をいただき、それに甘えさせていただいてしまいました。

ご相談者様、回答が遅くなって本当に申し訳ありません・・・。

 

さて、今日の本題。

自分がハマっている趣味、楽しいから人にもオススメしたくなりますよね。

これは塗り絵に限ったことではないと思います。

そんな中での私の考えを実体験も交えてまとめてみました。

f:id:chizurumaro:20170202195848j:plain

続きを読む

同系色のグラデーションの塗り方(真ん中から両端へグラデーション)

先日に続き、同系色のグラデーションの塗り方についてです。

先日こちらの記事で、同系色の色鉛筆3色を使い上から下方向にかけて色を濃くしていくグラデーションの塗り方をご紹介しました。

今回は、葉っぱのイラストを使って中心から両端にかけて色を濃くしていくグラデーションの塗り方をご紹介します。

基本的な塗り方は変わりませんが、今回も画像と動画で詳しく説明していきます。

f:id:chizurumaro:20170216120137j:plain

続きを読む