読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちづるのもっと!ぬりえライフ

自分に合った、自分だけの、心地良い「ぬりえライフ」を。ぬりえライフアドバイザー・ちづるが、大人の塗り絵(コロリアージュ)を通して、ぬりえライフをもっと楽しむためのヒントを発信します。

MENU

去年の今頃、何をしていたか覚えてる?塗り絵とともに振り返るゴールデンウィーク。

そういえば、去年の今頃何をしていたのかな?

先日ふと思いました。

思い返してみると、去年のゴールデンウィークは3日間ほど家にこもり、朝から晩までずっと小夏ちゃんを塗っていました。

あれからもう1年も経ったなんて・・・。

時が経つのは本当に早いです。

 

塗り絵を始める前までは、ただただなんとなく毎日が過ぎていくばかりでした。

特に大きな出来事がなければ、どんどん忘れていってしまうことが多かったです。

しかし、塗り絵を始めてからはそれが少し変わりました。

塗った作品を見返すことによって、この時ああだったな、こうだったなと塗った当時のことを思い出すことができるのです。

 

小夏ちゃんの塗り絵を見ると、当時あれこれ考え模索していた自分を思い出します。

f:id:chizurumaro:20160524142939j:plain

去年の今頃は、まだ塗り絵以外の話題が乏しく、「早く塗らないとブログに書くことがない!」と焦っていました。

ブログを頑張りたい。

たくさん塗りたい。

でもなかなかすぐには完成できない。

こんな状態で、これから先どうしよう。

そんなことを悩んでいたように思います。

 

しかし同時に、ブログ運営のことや、自分が今後何をしていきたいのかを、少しずつ考え始めるようにもなりました。

去年の今頃は、まだ、自分がどんなことをしたいのかは全然明確ではありませんでした。

肩書きを作ることも、ましてや私が誰かの相談に乗るなんていうことも全く考えていませんでした。

あれから1年が経ちます。

どんな自分になりたいかもわからなかった私が、今では「ぬりえライフアドバイザー」という肩書きを名乗るようになりました。

自分が経験してきたことや自分の考えを発信したり。

皆さんからご相談やご質問をいただき、お答えしたり。

さらに、お答えしていく中でも自分にとって新たな気づきや発見があったり。

ときに迷い、悩みながらも、とても充実した1年を過ごしてきたなと実感しています。

 

去年と比べて、決して劇的な変化が起きたわけではありません。

あれこれ考えながら、自分にできる範囲で行動してきただけ。

そして、「しっくり来るな」と感じた場所に落ち着いただけ。

ただそれだけなんです。

f:id:chizurumaro:20170503174715j:plain

現在も、「何がしたいか」、「何が楽しいか」、「今後何をしていこうか」ということは考え続けています。

来年の今頃はどうなっているんでしょうか。

これからも、自分にできること、やりたいことを、自分のペースで少しずつ楽しんでいきたいと思います。

 

ちなみに、今年のゴールデンウィークはこちらにかかりっきりになりそうです。

f:id:chizurumaro:20170501151747j:plain

ゴールデンウィーク中の完成を目指して頑張ります!^^

ではまた次回〜。 

 

こちらの記事もどうぞ

塗り絵が楽しくなってくると塗り絵本がさらに欲しくなる。塗り絵本を眺めることは最高の趣味です。

最近またもや塗り絵本が欲しい波がやってきました。

こんなにあるのにね!

f:id:chizurumaro:20170502183106j:plain

f:id:chizurumaro:20170502183117j:plain

*入りきっていない塗り絵本もあります。

先日こちらの記事で、塗り絵が行き詰まってしばらくお休みしたお話をしました。

お休みをした結果、塗りたいという気持ちが戻ってきました。

そして塗りたい気持ちが高まっているときに塗ったら、とても楽しかった。

 

そしたら、新しい塗り絵本が欲しくなりました。

 

塗り絵が楽しいと感じると、もっと塗りたいと思うようになります。

もうすでにたくさん塗り絵本があるにもかかわらず、新しい塗り絵本が欲しくなる。

楽しい気持ちが高ぶっちゃって、気持ちが大きくなってしまう。

その結果、買うかどうか保留にしていた塗り絵本まで買いそうになる。

なんとも非常に危険な誘惑です。

こんな風になるの、私だけなのかな?

 

持っている塗り絵本をニヤニヤ眺めて、あれも塗りたい、これも塗りたい、どれを塗ろうかなと考えたり。

まだ買っていない塗り絵本のページを思い出して、自分だったらどう塗ろうかなぁと想像してニヤニヤしたり。

f:id:chizurumaro:20170502184752j:plain

塗り絵本をこれ以上増やすことに罪悪感がないと言ったら嘘になります。

全然塗っていない本がたくさんありますからね。

でも、塗り絵本を眺めるだけでニヤニヤしたり想像したりワクワクしたり。

あれ!すごい楽しいね!

ただ眺めているだけでこんなに幸せになれるなら、もうそれでいいんじゃないか。

塗り絵本でこんなにときめくことができるなんてすごくないか。

やっぱり私、塗り絵本を眺めることも趣味だ。

だってすごく楽しい。

 

私の父は、一時期切手を集めたり、古いお札を集めることにハマっていました。

切手集めが趣味という人は昔からよく聞きます。

何十年後かにはプレミアがついて価値が高くなるのかもしれません。

でもこれ、集めても実際には使わないんですよね?

眺めて楽しんでいるんですよね?

正直切手やお札を眺めてどこがどう楽しいのかは私にはわかりません。

でも、「眺めてるだけで楽しい」、「集めるのが楽しい」。

その気持ち、今ならわかる!

塗り絵本も同じなんですよ!

塗り絵本に塗ることはもちろんのこと。

塗る前に、どう塗ろうか、何色で塗ろうかとあれこれ想像してワクワクすることとか。

ただただ線画を眺めてうっとりすることとか。

塗った後は、「あ~、自分こんなのが塗れたのか~」と1人でひっそりこっそり自画自賛することとか。

塗る前から塗った後までずっと楽しめる。

塗り絵本を集める。眺める。塗る。眺める。

・・・最高の趣味じゃん!

 

以前、塗り絵本をたくさん買いたいがために、「塗り絵本を眺めるのも趣味のうち!」という言い訳を生み出しました。

当時この考えにたどり着いた自分を褒めてあげたい。(笑)

それから塗り絵本を順調に増やし続け、一時期はもう塗り絵本はそんなにいらないかなという境地にまで到達しました。 

そして、再び塗り絵本が欲しいという気持ちが再燃した今、改めて思うこと。

それは、塗り絵本は塗る前から塗る最中も塗った後もずっと楽しめるということ。

塗るだけにとどまらない、本を開くだけで楽しさが広がる最高の趣味です。

 

ちづるの持っている塗り絵本

行き詰まったら思い切って休もう。これが私にとって最適なぬりえライフ。

現在塗っているこちらの塗り絵。

f:id:chizurumaro:20170501151747j:plain

3月下旬から塗り始め、最初は割と順調だったんですが途中で力尽きてしまっていました。

色の組み合わせを考えたり、重ね塗りをするのは楽しい。

しかし時と場合によってはとても疲れます。

なんだか塗る元気がなくなってしまったこと。

そしてちょうど同時期に、塗り絵よりブログを書くことの方に興味が移ったこと。

これにより、塗り絵をお休みすることに決めました。

 

結果、この判断は正解でした。

今までは、ブログを書いてても頭のどこかでいつも塗り絵がちらついていて、ブログを書くとこに集中しにくいことがありました。

しかし、「塗るのはお休み!」ときっぱり決めたことで、ブログを書くことにとても集中できました。

ブログに書きたいこともたくさんあり、ブログを書くのが楽しくてたまりません。

また、この間に自分の生活を見直したり、考え事をしたり本を読んだりすることもたくさんできました。

 

そして塗り絵をお休みして2~3週間経った、つい先日。

色鉛筆で「憧れのお部屋」をがっつり塗りたい衝動がやってきました。

おかえり!私のやる気!

早速女の子のイラストを塗りました。

f:id:chizurumaro:20170428143447j:plain

あー!楽しい!すごく楽しい!

塗りたい気持ちでいっぱいのときに、心置きなく楽しめることの幸せといったら!

 

塗る元気がなくなってきたとき、「私塗り絵好きじゃなくなっちゃったのかな・・・」と不安になりました。

せっかく大好きな趣味ができたのに、もう好きじゃなくなったらどうしよう。

しかしそれは、自分の中がいろんなことでいっぱいいっぱいになってしまっていただけでした。

お休みしたことで、自分の中に塗り絵を楽しむための余白ができたんだと思います。

お休みして、塗りたい気持ちが戻ってきて、塗ったらとても楽しかった。

私はやっぱり塗り絵が好きなんだなと改めて実感しました。

 

行き詰まったときの対処方法は人それぞれだと思います。

私にとっては、思い切って休むのが1番良いのだなと改めて確信しました。

人によっては、とにかくいろいろ塗り続けることが良いという方もいるかもしれません。

先日ご紹介したように、頭を使わずに没頭する塗り方に切り替えるのも1つの方法です。

 

行き詰まったら思い切って休む。

休んでいる間は他のことを楽しむ。

それが、私にとって最適なぬりえライフ。

皆さんは塗り絵が行き詰まってしまったときどうしていますか?

疲れたときは適度に休憩を入れたりして、皆さん1人1人にあった楽しいぬりえライフをお過ごしください。

 

こちらの記事もどうぞ 

色鉛筆の黒色を使わないで黒髪を塗ってみた。

現在塗っている最中の塗り絵、「憧れのお部屋」。

f:id:chizurumaro:20170409214239j:plain

休みを入れながらスローペースで取り組んでいます。

今回は女の子を黒髪に塗ってみました。

黒髪の塗り方を調べたところ、黒を使わずに黒髪を表現する方法があり、挑戦してみたのでご紹介します。

続きを読む

【お悩み相談】色鉛筆を削るのがもったいないと感じてしまいます。

今回はこちらのご相談です。

ポリクロモスのような高い色鉛筆を尖らせて塗り絵に使うのが、もったいない気がするんです。

1本300円以上するので、自分だったらちびちびしか使えない気がします。

ちづるさんは、そのもったいない気持ちをどう乗り越えましたか?

色鉛筆を削るのがもったいないと感じてしまうというご相談です。

特に高い色鉛筆を購入した方は、同じように感じたことがあるかもしれませんね。

さて、実は私は色鉛筆を削ることに対して、もったいないと思ったことがあまりありません。

それはなぜなのか。

色鉛筆を削ることに対して、私はどのように考えているかをお伝えします。

f:id:chizurumaro:20170207131333j:plain

続きを読む

常に上を目指し続けると息切れしてしまう。そのときの気分や目的に合わせて塗り方を変えよう。

先日ご紹介した、ゼブラ社さん発のサラサボールペンで塗る塗り絵企画。

私も早速イラストを印刷して塗ってみました。

配色も単純。

塗り方もただただひたすらベタ塗り。

でも、その単純作業がものすごく楽しく没頭できました。

f:id:chizurumaro:20170424095448j:plain

 

ここ2週間ほど、ブログを書くのが楽しすぎて塗り絵をお休みしていました。

頭の中がブログに何を書くかでいっぱいで、塗り絵に頭を使う余裕がなかったのです。

途中で放置しているものは、どれも重ね塗りを工夫したり、ちょっと神経を使わないといけないようなものばかり。

f:id:chizurumaro:20170409214239j:plain

こちらも今はお休み中・・・。

今はこういった凝ったものを塗る余力がありません。

 

そんな中で出会ったのが、今回の「サラサでぬりえ」企画。

サイズもポストカードサイズと小さく、ちょっとした時間に気分転換も兼ねてささっと塗ることができます。

あまり頭を使わずに塗ることができて、塗り終えたという達成感も味わうことができました。

 

大人の塗り絵は、続けていくうちに「もっと上手になりたい」という気持ちが強くなってきます。

SNSで他の人の作品をたくさん見ることができるので勉強にもなります。

しかし一方で、自分が目標とするレベルはどんどん高くなり、気持ちも焦るばかり。

ついつい人と比べてしまう。

思うように塗れないと、「やっぱり自分はダメなのかな」と落ち込んでしまう。

上手になりたいという向上心の裏側で、逆にそれがストレスになってしまう。

 

だからそんなときは、その日、そのときの気分や目的に合わせて塗り方を変えてみましょう。

毎回凝った塗り方ばかりしていては疲れてしまいます。

完成まで時間もかかります。

向上心が強く、やる気に満ち溢れているときは、グラデーションや重ね塗りなどの凝った塗り方に挑戦してみるといいでしょう。

一方で、今回の私のように、気楽に気軽に何も考えず塗りたいというときもあるはず。

そんなときは、ひたすらベタ塗りをするとか、小さいイラストをささっと塗るのがオススメです。

ポストカードサイズなどの小さいイラストであれば、短い時間で完成させることができるので達成感を味わうこともできます。 

1ページ塗り始めたら、完成するまでずっと同じページを塗り続けなきゃいけないなんてルールはありません。

あるとしたら、それは自分で作り出したルールです。

なんだか最近塗り絵が疲れたなと感じたら、気楽に楽しみたいとき専用の塗り絵本やページを用意してみてください。

複数の選択肢がある。

その中から今の気分に合わせて好きなものを選んでもいい。

それだけでも気持ちが少し楽になるはずです。

 

常に上を目指し続けることは疲れます。

途中で息切れしてしまいます。

それを自分が楽しめているのなら何も問題はないのですが、ストレスに感じているようであればそれは休憩を入れるサインです。

ちょっと休んで、何も考えずにただただ没頭することを楽しむ。

もしかしたら、それがきっかけで新たなアイディアにつながることもあるかもしれません。

 

頑張りたいときは、凝った塗り方を。

気楽に楽しみたいときは、単純な塗り方を。

その日、そのとき、あなたの気分に合わせて、自分は今どんな風に塗り絵を楽しみたいか、自分に問いかけてみてください。

大切なのは、いかに心地よく楽しめるか。

皆さんがそれぞれ心地よいと感じるぬりえライフを、ぜひ大切にしてください。

 

こちらの記事もどうぞ 

ボールペンSARASAで塗り絵をやってみた。文字だけの塗り絵本が欲しい!

先日ご紹介したこちらの記事。

ボールペンSARASAを販売しているゼブラ社さんによる、「ボールペンSARASAで塗り絵を楽しもう」という企画。

私も早速塗ってみました。

完成がこちら。

f:id:chizurumaro:20170424094642j:plain

続きを読む

他の人を見て「いいな」と思うこと。それは、必ずしも自分にとって心地良いこととは限らないんです。

自分は今後どうしていきたいか。

どんな自分になりたいか。

どんな生活をおくりたいか。

私は昨年宮本佳実さんの本に出会い、それから自分の理想とするものをずっと考え続けています。

可愛いままで年収1000万円

可愛いままで年収1000万円

 

今までは、憧れの人のライフスタイルを元にして理想を描くことが多かったです。

しかし困ったことに、理想を紙に書き出してもあまり実感が持てませんでした。

これが私の理想のはずなのに、なんだかあんまりワクワクしない・・・。

それもそのはず。

私は「他の人の理想」を「自分の理想」に置き換えてしまっていたのです。

さらに、あの人みたいになりたいから、そのためにはあの人のような生活をしないと・・・というような考え方をしていました。

「こうなりたい」よりも、「こうあるべき」みたいな部分がまだ自分の中に根強く残っていたのだと思います。

佳実さんはいつも「理想は自分の自由にわがままに想像する」と言っているのですが、私は全然自由じゃなかった。

f:id:chizurumaro:20170421131019j:plain

しかし、最近少しずつではありますが、ようやく実感を伴って理想を描けるようになってきました。

自分の好きなこと、やりたいことがはっきりわかるようになった。

そうしたら、自然となりたい姿も少しずつ描けるようになってきた。

そこで初めて、今まで自分が理想として掲げてきたものは自分が心から望むものではなかった、うわべだけの理想だったということに気がついたのです。

このことから、他の人に対していいなと思うことや憧れることが、必ずしも自分にとって心地良いこととは限らないのだと知りました。

 

これは塗り絵においても同じことなんだろうなと思います。

グラデーションで塗ったり。

何色も重ね塗りをして複雑な深みのある塗り方をしたり。

リアルさを表現する塗り方をしたり。

 

良いよね~!

こんな風に表現できたらなってうらやましくなるよね。

自分もできるようになりたいよね。

 

「いいな、自分もやってみたいな」という気持ちをモチベーションにし、どんどん新しい技術を身につけて楽しんでいる人はたくさんいると思います。

しかし一方で、こういった難しい塗り方、複雑な塗り方には憧れるものの、実際にやってみるとなんだか楽しくない、塗っていて苦しいとストレスを感じる人もいるのではないでしょうか。

 

塗り絵を続けていたら、皆グラデーションができたり重ね塗りができるようにならなきゃいけないって思っていませんか?

「できるようにならなきゃ」と、知らず知らずのうちに自分を縛っていませんか?

そんなことはありません。

こうじゃなきゃいけないなんてことは、実はそんなにないのです。

あるとしたら、自分の中で気づかないうちに作り出してしまっているものかもしれません。

あなたが、無理なく心地よく楽しいと思える楽しみ方を大切にしましょう。

あなたはどんな塗り方をしているときが1番楽しいですか?

どんな塗り方をしているときが1番集中できますか?

なんとなく塗っていて苦しいなと感じたら、少し立ち止まって自分に問いかけてみてください。

 

他の誰でもない、あなた自身が楽しい、心地良いと感じる塗り方をぜひ大切にしてください。

 

 

塗り方に関するお悩みはこちらもどうぞ 

ボールペンSARASAで大人の塗り絵を楽しもう!ゼブラからハガキサイズの塗り絵が登場!

先日Twitterのタイムラインにこちらのツイートが流れてきました。

なんとなんと!

これは早速ダウンロードしなくては!

 

塗り絵イラストのダウンロードはこちらからできます。

続きを読む

自分を知りたかったら書くのが1番!私が紙に書き出すことにこだわる理由。

なんだか考えがまとまらない。

同じ悩みがいつまでも頭の中で堂々巡り。

結局自分はどうしたいのか、考えてもわからない。

そんな風に感じたことはありませんか?

先日こちらの記事で、書き出すことによって状況や頭の中が整理されて、順序立てて考えることができることをお話しました。

書き出すと自分の考えを整理することができます。

しかし、それだけではありません。

書き出す作業をすると、自分が気づかなかった本音までもが浮かび上がってくるのです。

f:id:chizurumaro:20170419133148j:plain

続きを読む