ちづるのもっと!ぬりえライフ

自分に合った、自分だけの、心地良い「ぬりえライフ」を。ぬりえライフアドバイザー・ちづるが、大人の塗り絵(コロリアージュ)を通して、ぬりえライフをもっと楽しむためのヒントを発信します。

MENU

毎日使うからこそ大好きなものを選びたい。お気に入りのスマートフォンケースをご紹介。

スマートフォンケース、皆さんどんなものをつけていますか?

私はもう長いことスマホケース難民でした。

機種変更したとき、

「お気に入りのスマホケースを見つけたい!」

と意気込んでいたのですが、なかなかお気に入りに出会えず。

剥き身で持ち歩くと傷がついたり汚れる可能性があったので、仕方なく家電量販店で見つけたケースを買いました。

それからも度々探し続けますが、なかなかピンとくるものがない。

世の中にはこんなにスマホケースがあるのに、どうしてどれもピンとこないんだろう。

不思議で仕方ありませんでした。

そんな中、先日ついに「これ欲しい!」と心の底から思えるケースに出会いました。

しかも2つ。

どちらもすっかりお気に入りになったのでご紹介したいと思います。

続きを読む

塗りたい気持ちが起きないときはインプットの時間に充てよう。「描き込み式色鉛筆ワークブック」を買いました。

先日完成したリベンジ塗り。

ものすごく楽しくて夢中になって塗りました。

しかし、楽しすぎるあまり全部を出し切ってしまったのか、次に塗りたいものがなかなか思いつきません。

塗りかけもいくつかあるけれど、どれも塗りたい気分ではない。

どのページを見ても想像力がわかない。

塗る気力も起きない。

リベンジ塗りに全てを注ぎ込んでしまったのか、自分の中の色々なものが枯渇してしまっているようです。

どうしよう。

続きを読む

【ご質問】配色を決めるときブルーベースやイエローベースを意識していますか?

今日は配色に関するご質問をいただきました。

塗り絵を始めてから塗り方や色鉛筆画家さんなどのHPを見ていると、「色には”ブルーベース”と”イエローベース”があり、イエローベースとブルーベースを混色すると色が濁る」とか、「ブルーベースやイエローベースで統一すると多くの色を使っても統一感が出る」といった記載がありました。

しかし、私は色を見ただけでその色がブルーベースなのかイエローベースなのかさっぱり分からず、ただでさえ配色に悩むのに、ますます悩むようになりました。

ちづるさんも配色を決める時、ブルーベースとかイエローベースを考えてらっしゃいますか?

また、配色や重ね塗りで気を付けていることはありますか?

ご質問ありがとうございます。

イエローベース、ブルーベース、考えたことないです!(笑)

というか、恥ずかしながらご質問をいただいて初めて、色鉛筆にもイエローベースやブルーベースがあることに気がつきました。

パーソナルカラーにおいては知っていたんですが、まさか塗り絵でも適用されるとは思わず。

でも良く考えたら、配色もパーソナルカラーも同じ「色」を扱っているのだから十分ありえますよね。

今回は「イエローベース」「ブルーベース」に対する私の考えや、私が普段配色や重ね塗りで気をつけていることをお話したいと思います。

f:id:chizurumaro:20170727125229j:plain

続きを読む

リベンジ塗りを経験したら、配色の決め方の選択肢が広がった

配色の本を持っていますが、今まで全く使いこなせていませんでした。

買った当初は色鉛筆の色数も少なくて、配色本に載っている色を持っていなかったり。

塗り絵にどう反映させたらいいのかというコツもイマイチ分からなかったり。

どうせ配色本は上手く使えないからと、塗り絵に積極的に取り入れることはあまりしてきませんでした。

だから今までは、自分が好きな色を選んだり、自分の好きなものを参考にして色を決めたりしていました。

実際それで楽しかった。

f:id:chizurumaro:20170725121542j:plain

続きを読む

「仕事行ってる場合じゃないよ!」と言えるほど趣味に没頭できる夫がうらやましくて仕方ない

最近アリを育てたりアリの巣作りに没頭している夫。

暇さえあれば、仕事の帰り道でも女王アリやアリのエサ用の虫を見つけ、カメラのフィルムケースに入れて持ち帰る日々。

そんな夫、先日の日曜日に新しいアリの巣を作り始めました。

百均で巣にするためのプラスチックケースを大量に買い、アリが住みやすいように、かつアリを観察しやすいように、ケースに穴を開けたりほかのケースと接着させたりと試行錯誤。

アリに興味がない人には訳がわからないかと思いますが(笑)、つまり、ものすごく楽しそうなんです。

そして、好きなことに費やせる時間が足りないと感じた夫が放った

「仕事行ってる場合じゃないよ!」

という一言。

強烈に印象に残りました。

f:id:chizurumaro:20170724172221j:plain

続きを読む

【リベンジ塗り・最終回】背景はInstagramでおなじみの「まるぽよ」に初挑戦!

ずっと前に途中放置し、続きを塗ることもできずにいたページを、消しゴムで消して塗り直そうという「リベンジ塗り」企画。

最終回です。

現在塗り直しているのがこちらのページ(リベンジ前)。

f:id:chizurumaro:20170627143933j:plain

前回は、カップケーキのイラストの塗り直しが全て終わりました。

今回は最後の背景を塗る様子をご紹介します。

続きを読む

配色に対する不安をぶち壊してくれたのは過去の自分だった

現在取り組んでいる「リベンジ塗り」。

何気ない思いつきで始めたんですが、「リベンジ塗り」を通して予想以上に色々な気づきがありました。

前回の記事でも少し触れましたが、今日は「配色」について気づいたことをご紹介します。

続きを読む

【リベンジ塗り・その6】配色はもっと自由でいい。もっと大胆でいい。

ずっと前に途中放置し、続きを塗ることもできずにいたページを、消しゴムで消して塗り直してしまおうという「リベンジ塗り」企画。

前回から日が空いてしまいました。

ここ1週間ほど7月の北海道にあるまじき猛暑で、暑いのが苦手な私は早々にダウンしていました……。

やっと涼しくなって頭がシャッキリしてきたのでブログを書けます。

わーい^^

今回は左上のカップケーキをリベンジする様子をご紹介します。

f:id:chizurumaro:20170627143933j:plain

続きを読む

塗り絵の途中放置、無理に頑張って終わらせようとしなくてもいいんですよ。

塗り始めたはいいものの、飽きてしまったり思うように塗れなかったりして、途中で塗るのをやめてしまったページはありませんか?

この途中放置、私もいくつかあります。

最後まで完成させられないことに対して罪悪感を感じたり、できない自分に失望したり。

大げさかもしれませんが、ちょっと心苦しいんですよね。

 

途中放置をなくそうと頑張って塗っている方を、たまにお見かけします。

ご本人が楽しく塗れているなら何よりです。

しかし、「やりたい」という気持ちより、「やらなきゃ」という義務感が勝っているのだとしたら。

無理に早く終わらせようとしているのだとしたら。

「そんなに頑張らなくてもいいんだよ」と思う私がいます。

f:id:chizurumaro:20170707152649j:plain

続きを読む