読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちづるのもっと!ぬりえライフ

ぬりえライフをもっと楽しむために、塗った作品・塗り絵本・画材のことや、塗り絵に関するお悩みを中心に紹介しています。

作っておくと便利!手持ちのペンの色見本。

塗り絵の環境

スポンサーリンク

みなさん、こんにちは。

今日は色見本のお話です。

 

塗り絵をするときに、

色鉛筆やペンのラベルの色と、実際に塗ってみたときの色が違った!

なんていうことありませんか?

 

私が塗り絵を始めたばかりの頃、このようなことがよくありました。

大体の色は、名前やラベルの色から想像つきますね。

でも、実際に紙に塗ってみると、想像と違った・・・っていうことに。

そんなときに作ったのがこの「色見本」。

 

じゃじゃーん。

f:id:chizurumaro:20151005142046j:plain

今回は、見やすいようにstabiloの水性ペンの色見本の写真。

 

STABILO 水性ペン ペン68 カラーパレード 20色 6820-03
 

 

 

色見本の作り方

①手帳やメモ帳、何でも良いので紙を用意。

 色がよく分かるように、できるだけ白い紙にしましょう。

 ちなみに私は、「ほぼ日手帳オリジナル」の後ろのページにあるメモスペースを使用しています。

②手持ちの色鉛筆や水性ペンの色をひと通り塗る。

 番号や色名も一緒に記載しておきましょう。

 

私の持っている画材は、上記写真の水性ペンと、36色色鉛筆、そしてsignoのボールペンです。

それぞれ、上記と同じように色見本を作っています。

 

 

色見本のいいところ

①ひと目で色がわかる

色鉛筆は、「はいみどり」や「せいじいろ」「たまごいろ」等々、聞きなれない名前が多いです。

色見本にしておくと、塗り絵で色を選ぶ際にひと目でわかります。

この色見本を作って初めて知った、「『はいいろ』ってこんな色だったの!?」。

ずっとねずみ色を思い浮かべていたのですが、実際に塗ったら茶色っぽくて、びっくりしました。笑

 

②同系色の色の違いがひと目でわかる

36色色鉛筆など、色の数が多いセットになると、同系色の色数が増えますよね。

紫色と言っても「むらさき」、「こいあかむらさき」、「あかむらさき」と名前だけ見ると一瞬「!?」となることもしばしば。

色見本を見ると、同系色の色の違いがわかりやすくなります。

 

③新しく買い足すときに、手持ちの色がひと目でわかる

これはinstagramのフォロワーさんからのコメントで、「なるほど、そういう使い方もあるのか〜」と知りました。

色鉛筆やペンを単品で買いに行くとき、自分の持っている色はどんな色だったか、店頭に行くと忘れちゃいそうですよね。

そんなときに、この色見本があれば、重複して買ってしまうことを防げるかもしれません。

※そのとき投稿したinstagramがこちら。

https://instagram.com/p/6wd5I_LyMG/

色鉛筆の色見本を作ってみた。色鉛筆のパッと見の色と、実際に塗った色が違うなぁと思うことが結構あるので。 「せいじいろ」が塗ってみてもよくわからない(^^; どこかで実際に使おう。#色鉛筆 #コロリアージュ #大人のぬりえ #coloriage #大人の塗り絵 #ほぼ日手帳 #ほぼ日手帳オリジナル

 

72色や100色といったセットをお持ちの方は、ちょっと大変かもしれません。

というか、それだけのセットになると、もしかして色見本がデフォルトで添付されているんでしょうか? 

いつかは買いたいですねぇ、100色色鉛筆・・・。(●´∀`)

 

ちなみに、instagramに色見本を何回か投稿しているのですが、嬉しいやら悲しいやら、私の塗り絵作品より反応が良いです。笑

「いいね!」をしてくださる方が比較的多かったので、もしかして需要があるのかな?と思って今回この記事を作成しました。

みなさんの塗り絵ライフの参考になれば嬉しいです!

ではでは〜。

 

 

 

三菱鉛筆 色鉛筆 880級 36色 K88036CP
 

 

 

ほぼ日手帳2016 月曜はじまり版