読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちづるのもっと!ぬりえライフ

ぬりえライフをもっと楽しむために、塗った作品・塗り絵本・画材のことや、塗り絵に関するお悩みを中心に紹介しています。

竹やぶをグラデーションで塗ってみた。

スポンサーリンク

 

みなさん、こんにちは。

前回に引き続き、「和もよう」ぬりえです。

和もよう (リラクゼーションぬりえシリーズ)

和もよう (リラクゼーションぬりえシリーズ)

 

 

その中に竹やぶのページがあったので塗ってみました。

できあがりがこちら。

f:id:chizurumaro:20151213115302j:plain

 

正面から見るとこんな感じになります。

f:id:chizurumaro:20151213112517j:plain

 今回は、パステルに初挑戦しました。

 

 

使用画材

 色塗り自体は、いつもと同じ水性ペンのstabilo point88を使用しました。

 使用した色は、上から順に

・ライトライラック(59)

・バイオレット(55)

・ブルー(41)

・ミドルブルー(32)

・ライトブルー(57)

の5色です。

紫色から青色にかけてのグラデーションにしました。

 

また、一部黄色を使用しました。

・stabilo point88  イエロー(44)

ダイソーのパステル18色(基本色)のきいろ

 

*パステルの詳細は記事後半に記載。

 

 

斜めにグラデーション

今回少し角度をつけて斜めのグラデーションで塗ってみました。

グラデーションの境目の目安にするため、塗り始める前に、自分で線を引きました。

シャープペンでうすく引きます。

少し見にくいですが、こんな感じです。

f:id:chizurumaro:20151213110238j:plain

グラデーションの幅を測るのが面倒だったのと、斜めなら等間隔じゃないほうが良いかなと思ったので、感覚で適当に線を引きました。

あとは、線に合わせて塗っていくだけです。

塗り終わった後は、竹と竹の間の線を消しゴムで消しました。

この後パステルで仕上げをするのですが、パステルを塗る前に消しておきます。

 

 

テーマは「竹取物語

今回の絵が竹やぶということで、「竹といったらあれしかないだろう!」と、竹取物語の一節「もと光るたけなむ一筋ありける。」を表現しました。

*冒頭、「おじいさんが竹を取りに行くと、根元が光っている竹が1本あった。」という部分です。

中学の頃、古典の授業で竹取物語の冒頭を暗唱させられた記憶が蘇ります。

まさかここで役に立つとは、人生何があるかわかりません。

 

当初は5色のグラデーションのみにしようかと思いました。

しかし、塗っている間、頭のなかで「もと光るたけなむ一筋ありける。」の一節がしつこいほどにリピートしてきます。

これはもうやるしかない。

ということで、竹の一部分を黄色で塗りました。

目立たせたかったので、竹の根元ではなく絵の真ん中あたり。

また、光っている様子を表したかったので、初めてパステルを使用することにしました。

 

 

パステル初挑戦

前から気になっていたパステル。

instagramで多くの方がぬりえに使用しているのを見て、とても心惹かれていました。

ぼかすようにふんわりとした表現ができます。

しかし、今までパステル自体見たこともなければ触ったこともありません。

クレヨンとは違うの?

どうやって使うの?

私にとって謎の物体でした。

 

調べたところ、パステルにも種類があり、また発売しているメーカーもたくさんあるみたいです。

夫に「せっかくだから良いの買えば?」とさらっと言われましたが、なにせこちらはパステル超初心者。

いきなりお高いパステルを買う勇気はなく、使いこなせる自信はもっとありません。

 

ダイソーのパステル発見

そんな時に発見したのがこちらのダイソーのパステル。

f:id:chizurumaro:20151213110828j:plain

 

中はこんな感じです。 

f:id:chizurumaro:20151213110849j:plain

左が「基本色」18色、右が「蛍光色+補助色」18色です。 

2種類買っても200円(税込216円)です。

安い!

このダイソーパステル、実はinstagramでたびたびお見かけしていました。

ダイソー製品ですが、とてもすてきに使いこなしている方がいらっしゃる。

これは心強い!

早速近所のダイソーへいそいそと買いに行きました。

 

また、使い方がよくわからなかったので、書店でこんな本も買ってみました。

ふんわりやさしいパステル画: パンパステルではじめる!

ふんわりやさしいパステル画: パンパステルではじめる!

 

タイトルに「パンパステルではじめる」と書いてありますが、内容を確認したところ、細長いパステル(ソフトパステル)の説明もありました。

写真で塗り方が丁寧に説明されているので、パステルの使い方について知りたい方におすすめです。

 

 

茶こしと綿棒で塗る。

塗る道具はいろいろあるのですが、今回は絵の一部分のみなので綿棒で塗りました。

 

手順は以下のとおりです。

ダイソーパステル(基本色)のきいろを茶こしで少し削り、粉末状にする。

 塗る範囲が狭いのでほんの少しだけ削りました。

 汚れないように紙やお皿の上で削りましょう。

 

②削った粉を綿棒につけて、塗る。

 

以上です。

 

こんな感じになります。

f:id:chizurumaro:20151213111419j:plain

青色の水性ペンで塗った上から、綿棒で塗りましたが、特に問題ありませんでした。

色鉛筆とはまた異なった雰囲気で、ふんわりした塗り方ができて便利。

今回は簡単に丸く塗っただけですが、本を見るといろいろ表現方法があるみたいです。

使い方も思ったほど難しくはなかったので、これからどんどん使っていきたいと思います。

 

エムズワン 抗菌綿棒 肌に安心なコットン100% (紙軸200本入り)

エムズワン 抗菌綿棒 肌に安心なコットン100% (紙軸200本入り)

 

 

ニコ 茶こし 【日本製】 32506

ニコ 茶こし 【日本製】 32506

 

*綿棒は家にあったもの使用しました。茶こしはこのような取っ手付きで底が浅いものをダイソーで購入しました。 

 

 

竹取物語といえば地井武男さんを思い出す。

前に、金曜ロードショーで初めて高畑勲監督の「かぐや姫の物語」を見ました。 

かぐや姫の物語 [DVD]

かぐや姫の物語 [DVD]

 

何かの番組でアフレコ風景を見たのですが、竹取の翁(おきな)を演じる 地井武男さんが本当に素晴らしかったです。

物語の序盤で、まだ幼いかぐや姫が初めて歩くシーンがあるのですが、よちよちと歩くかぐや姫によびかけるおじいさんの必死さがすごい。

また、演じた地井武男さんはもう亡くなってしまったのかと思うと、いろいろこみ上げてきて、このシーンだけは何度見ても毎回必ず泣いてしまいます。

作画も時間がかかったというだけあります。

この映画をまだ見たことがない方は、ぜひ一度ご覧になってみてください。

そして、個人的には帝(みかど)に要注目です。

金曜ロードショーで放送された後、Twitterのタイムラインが帝で埋め尽くされるくらい帝が大人気でした。

 

 

おわりに 

ついにパステルに手を出してしまいました。

こんなに画材を増やして使いこなしていけるのか不安です。

しかし表現方法が増えるというわくわく感もあり、これからますますぬりえが楽しくなりそうです。

 

では、また次回〜。