読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちづるのもっと!ぬりえライフ

ぬりえライフをもっと楽しむために、塗った作品・塗り絵本・画材のことや、塗り絵に関するお悩みを中心に紹介しています。

ぬりえ本を増やすときの自分への言い訳を考えてみた。

塗り絵の環境 塗り絵から感じたこと

スポンサーリンク

みなさん、こんにちは。

ぬりえを始めてからあっという間に4ヵ月がたちました。

増えるぬりえ本、増える画材。
さて、みなさん、ぬりえ本何冊ありますか?
そのうち塗ってない本は何冊ありますか?
私は塗ってない本がたくさんあります・・・。
そして、塗ってない本があるにもかかわらず、次々新しい本が欲しくなります。
今日は、そのことで罪悪感を覚える自分を勇気づけてみました。

f:id:chizurumaro:20151229110338j:plain

↑ 2015年12月29日現在持っているぬりえ本。あと他に3冊注文中・・・。
 

  

ぬりえ本の出版ラッシュがすごい。
ぬりえにハマっているみなさんが感じているんじゃないでしょうか。
私がぬりえを始めた頃は、ぬりえブームの再来として「ひみつの花園」が特に目立っていた気がします。
ひみつの花園  花いっぱいのぬりえブック

ひみつの花園 花いっぱいのぬりえブック

 

書店のぬりえコーナーも、ブームだったからか多少スペースをとっていましたが、今ほどではありませんでした。

しかし、月を追うごとに出るわ出るわぬりえ本の嵐。
海外のぬりえ本や、その日本語版、日本の作家さんのぬりえ本。
私のAmazonの欲しいものリストはまだ持っていないぬりえ本、これから発売予定のぬりえ本で埋まっていきます。
出版業界もブームがあるうちにどんどん売り出そうと思っているのでしょうね。
ぬりえ本の種類が増えることは、買う側としては嬉しい。
嬉しいんだけれど、こんなに買ってはいけない…!というジレンマにおそわれます。
すべて塗りきれないかもしれない。
何年もかかるかもしれない。
今はまだぬりえを続けていますが、いつ飽きるかわからない。
買っても無駄になるかもしれない、無駄にしてしまうかもしれない、できなかったときの自分への失望がこわかったです。
(断捨離後だったので必要以上にものを増やしてはいけないとも思っていました。)
 
 
買うぬりえ本は厳選。我慢していた。
私は書店に行く度にぬりえ本コーナーを見に行きます。
幸い自宅近くに大型書店が複数あるので、ぬりえ本の種類は豊富です。
行くと必ず新刊チェック。
Amazonでは確認できない、本の実際の大きさやページ内容、絵の雰囲気や線の感じを見ます。
さらに洋書コーナーにもぬりえ本があるのでチラ見。
できるだけ、実物を確認してから買いたいので、ぬりえ本コーナーのチェックは欠かせません。
お財布にも限界があるので、新刊が出たからといって片っぱしから買うわけにもいきません。
本当に気に入った本だけを吟味して買うようにしていました。
そうは言っても今ぬりえ本は出版ラッシュ。
欲しい本、買う本は増えることはあれど減ることはありません。
さらにInstagramでフォローしている方々の、新しいぬりえ本の写真。
あー!いいな!いいな!
私も欲しいな!
 
増やしすぎないように気をつけているものの、誘惑に打ち勝つのはなかなか難しいです。
 
 
眺めているだけで幸せなことに気づいた。
最近買ったぬりえ本で、あまりに可愛すぎてもったいなくて塗ることができない本が2冊ありました。

 

わたしの塗り絵BOOK 憧れのお店屋さん

わたしの塗り絵BOOK 憧れのお店屋さん

 

 

1冊目はだいぶん前に発売されたので、お持ちの方多いかと思います。

前から欲しいと思っていた本で、勇気を出して買いました。

 

そして2冊目の井田千秋さんの本。

最近発売されたばかりで、発売前から気になっていました。

書店で現物を見たところ、あまりの可愛さに即座に心を奪われました。

主人公の女の子が本屋さんやケーキ屋さん、パン屋さんや洋服屋さんといったお店をめぐっていきます。

とにかくお店が可愛く、また模様はあまり入っていないので、自分で好きなように描きこみができそうです。

しかも、店頭で残り2冊しかなく、すぐにレジに向かいました。

 

この2冊は、どちらも建物や内装、小物の数々が登場します。

見ているだけでもすごく楽しいし、どのように塗ろうかを考えながら眺めるのも楽しい。

しかし、もったいなくて塗れません。

そのとき、気づきました。

見ているだけで楽しいんだから、これも趣味のうちじゃない?

私にとっては、ぬりえ本でありながら、画集も同然。

つまり、見ているだけで楽しいのだから、塗ることができずに持っていてもいいんじゃない?

買うの我慢しなくてもいいんじゃない?
 
とんでもない論法です。笑
しかし、これに気づいた瞬間、今まで買わずに我慢していたもやもやが晴れていくような気がしました。
ぬりえ本は塗る楽しみだけではなく、見て楽しむという役割も持っているのだと感じました。
 
 
吹っ切れて爆買いしてきた。
「ぬりえ本を塗らずに眺めることも趣味のうち」という強力な言い訳を手にした私。
先週のクリスマスイブ、「自分へのクリスマスプレゼントだ!」とさらなる言い訳を重ねて書店へ足を運びました。
上限1万円で、今まで買おうか悩んでいた本を買いに行くことにしたのです。
 
そして買った結果が下の写真。

f:id:chizurumaro:20151229111249j:plain

 事前にAmazonで何冊かチェックし、書店で改めて内容を確認しました。
web上で見て可愛いと思っても、現物を見るとなんか違うなと思うことがあります。
物欲にのぼせ上がってましたが、本当に欲しいかの最終確認だけは忘れませんでした。
 
このとき、初めての水彩色鉛筆の使い方に悩んでいたので、こちらの本も買いました。
はじめてさんの水彩色鉛筆Lesson 超初心者編

はじめてさんの水彩色鉛筆Lesson 超初心者編

 

 

chizurumaro.hatenablog.com

 

 全部で、合計9,828円!

やった!1万円以内におさまった!

しかし、一度にこんなに大量に買ったのは初めてだったので、本の重みにドキドキし、「本当にこんなに買っても良いのか?」と続く自問自答。

悩みすぎて若干具合が悪くなりました。

 

帰宅後は1冊ずつ本を眺めて1人でニヤニヤ。
まさに至福・・・!
眺めるのも趣味のうちと自分なりに理由をつけましたが、眺めるだけでも幸せになれる趣味に出会えたことに、改めて嬉しくなりました。
 
 
おわりに
いかがでしたか?
ぬりえ本が欲しくて増やすとき、「そんなに買ってどうするの?」とか「そんなに買っても塗りきれないよ」とご家族から言われたときは、こう言いましょう。
「塗らないで眺めるのも趣味のうちなの!」
楽しいんだから良いのです。
と今自分に言い聞かせています。笑
 
今年ぬりえに出会えたことは、私にとって本当に幸せでした。
ここ何年か、趣味という趣味がありませんでしたが、ぬりえのおかげで熱中することの楽しさを思い出しました。
その代わり、大人の趣味の恐ろしさも知りました。
大人なのである程度お金があるんですよね。
限度はありますが、自分の自由になる金額は、子どもの頃とは桁違い。
趣味にかける金額も桁違い。
これからまだまだぬりえ本や画材が欲しくなることが多々多々あるでしょう。
そのときそのときで、お財布と相談しながらお気に入りを見つけていきたいと思います。
では、また次回〜。
 
 
ちなみに、先週爆買いしたぬりえ本は以下のとおりです。
ご参考に。
ねむれる森 夢いっぱいのぬりえブック

ねむれる森 夢いっぱいのぬりえブック

 

 

海の楽園 不思議いっぱいのぬりえブック

海の楽園 不思議いっぱいのぬりえブック

 

 

 

奇跡の鳥の旅 ぬり絵BOOK Around the world

奇跡の鳥の旅 ぬり絵BOOK Around the world

 

 

The Time Chamber 時の部屋

The Time Chamber 時の部屋

 

  

GRAND BLUE 美しい海の世界 ぬり絵BOOK

GRAND BLUE 美しい海の世界 ぬり絵BOOK