読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちづるのもっと!ぬりえライフ

自分に合った、自分だけの、心地良い「ぬりえライフ」を。ぬりえライフアドバイザー・ちづるが、大人の塗り絵(コロリアージュ)を通して、ぬりえライフをもっと楽しむためのヒントを発信します。

MENU

「憧れのお店屋さん」の作者・井田千秋さんの画集が届いたよ!

スポンサーリンク

みなさん、こんにちは。

お正月いかがお過ごしですか?

私は年末ぎりぎりで、念願の井田千秋さんの作品集が届き、うきうきで年を越しました。

f:id:chizurumaro:20151231160726j:plain

今日はこちらの作品集について少しだけご紹介します。

 

  

井田千秋さんといえば。

先日このぬりえ本を発売したイラストレーターさんです。

わたしの塗り絵BOOK 憧れのお店屋さん

わたしの塗り絵BOOK 憧れのお店屋さん

 

すでにお持ちの方も多いかもしれません。

主人公の女の子が、本屋さん、パン屋さん、お菓子屋さん、洋服屋さん・・・といったお店をめぐっていきます。

女の子のツボをよくわかっていらっしゃる!と言いたくなる本。

お店の内装や出てくる食べ物、小物の数々。

どんな色で塗ろうか、模様を描き込んでみようかとあれこれ考えたり、ただ見ているだけでも十分に楽しめる本だと思います。

ここ最近で私の1番のおすすめとも言えるぬりえ本です。

 

書店で中を確認して、あまりの可愛さにすぐレジに持っていった私。

しかし、もったいなくて塗ることができない!

次に私がとった行動は、作者の井田千秋さんについて調べることでした。

ぬりえ本かどうかはおいておいて、絵がとても好みだったのです。

そのため、井田さんが今まで画集を出していないか確認してみました。

すると、ありました!

同人誌の通販サイトで、オリジナルグッズの販売をされていました。

dacchi.booth.pm

 

しかし喜んだのもつかの間、私が探していた画集(作品集)は、品切れで入荷待ちの状態。

入荷お知らせメールの設定をして、いつか買える日を待っていました。

そして先週、井田さんのTwitterでついに告知。

ひゃっほーい!

21時にアラームをセットして、21時になるやいなやすぐに注文。

自分が持っているネットバンクやクレジットカードが使えなかったので、コンビニ払いにしました。

注文した翌日に近所のコンビニで支払いをし、その翌日に「発送しました」というメールが届きました。

早い!

Amazon以外で通販をしたことがほとんどないので、どれくらいで届くのか不安でしたが、入金確認や発送が思ったより早く、また、随時メールでお知らせが来るので安心しました。

 

そして、大晦日の昨日、無事に作品集到着。

それがこちらです。

じゃーん!!

f:id:chizurumaro:20151231160751j:plain

わーい!!

タイトルは「おしろにすんでいる」。

いろいろなお部屋の様子が描かれており、こんな部屋があったらいいなと思わせてくれます。

線がやわらかくやさしいので、絵本を見ているみたい。

さらに、小物の描きこみ量がすごいので見応えがあり、いつまでも眺めていたくなります。

 

また、一つひとつの作品の解説が書かれたペーパーが添付されています。

f:id:chizurumaro:20151231160916j:plain

これから、こちらをじっくり読みながら、作品集を眺めてゆっくり楽しみたいと思います。

こちらの作品集は、B5サイズ・28Pで1,200円です。

 

なお、この作品集以外に、現在ポストカードやiPhoneケースも発売されております。

先ほどの「BOOTH」リンクから確認してみてください。

 

今回、作品集の内容の画像は掲載を控えました。

ぬりえ本以外の絵を見てみたい方は、井田千秋さんの公式サイトをご覧になってください。

今回ご紹介した作品集「おしろにすんでいる」に掲載されている作品も見ることが出来ます。

 

 

 

ぬりえ本を出してほしい漫画家さん。

今回、井田千秋さんの絵に一目惚れし、作品集を手に取ることができて嬉しいです。

ぜひとも井田さんのぬりえ本第2弾を出してほしいです。

 

他に、ぬりえ本を出してくれないかなと密かに思っている漫画家さんがいます。

 

森薫さん。

森薫さんといえば、この2冊ですよね!

 

乙嫁語り 1巻<乙嫁語り> (ビームコミックス(ハルタ))

乙嫁語り 1巻<乙嫁語り> (ビームコミックス(ハルタ))

 

エマは、巻が進むにつれてどんどん描きこみが細かくなっていくので、お話の内容と合わせて見応え十分。

英国貴族の世界にうっとりします。

 

乙嫁語りは、中央アジアの文化がとても丁寧に描かれています。

衣食住の描き方に見入ってしまいます。

また、動物の描き方がすごく丁寧でキレイ。 

 

ぬりえを始めてから、ものの見方が変わってしまったようで、「これ塗ったらきっと楽しいだろうなー!」と思わずにはいられません。

 

 

尚月地さん。

最近では、艶漢が人気ですね。

艶漢 (アデカン) (1) (ウィングス・コミックス)

艶漢 (アデカン) (1) (ウィングス・コミックス)

 

この方の描く世界観がすごく好きです。

人物の描き方も、シルエットが素敵で、特に足は見入ってしまいます。

絵自体に、独特の世界観や小物使いが表現されていて、ぜひ塗ってみたいなと思っています。

 

この方の描く絵が好きで、画集を買いました。

尚月地イラスト集 ノスタルヂア

尚月地イラスト集 ノスタルヂア

 

色使いがとてもキレイです。

透明感のある鮮やかさ。

とても真似出来そうにはありませんが、色使いはぜひ参考にしたいです。

 

 

種村有菜さん。

ご存知、有名漫画家さんです。

私が小学生の頃に、「神風怪盗ジャンヌ」を連載しており、一目惚れしました。

この方の作品は今でも大好きです。

最近、「猫と私の金曜日」を読んだのですが、主人公の愛ちゃんの服装や部屋の様子がとても可愛かったです。 

猫と私の金曜日 1 (マーガレットコミックス)

猫と私の金曜日 1 (マーガレットコミックス)

 

小さい頃からの憧れの漫画家さんなので、そんな方の絵を塗ることができたらいいなと思っています。

 

 

みなさん、お気づきかもしれませんが、3人とも描きこみが細かい方ばかりです。

細かいぬりえが大好きなので、ぜひこの3人のぬりえ本を発売してほしいと思います。

 

 

 

新年一発目からからぬりえの話題でブログを更新しました。

今年もぬりえで頭がいっぱいの年になりそうです。 

ぬりえブームがまだまだ続き、みなさんとたくさん交流できることを楽しみにしています。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

おまけ

全然話は変わりますが、先日こんな夢を見ました。

本当に過去の漫画作品を文庫とかで出版してほしいです。

ずっと考えていた願望が夢にまで出てきちゃったみたいです。

王家の紋章のラストについて尋ねたら、一体どんな答えが返ってきたんでしょうか・・・。