読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちづるのもっと!ぬりえライフ

自分に合った、自分だけの、心地良い「ぬりえライフ」を。ぬりえライフアドバイザー・ちづるが、大人の塗り絵(コロリアージュ)を通して、ぬりえライフをもっと楽しむためのヒントを発信します。

MENU

NEWS ZEROにぬりえ作品が出ました。問い合わせフォーム設置しておいてよかった!

スポンサーリンク

みなさん、こんにちは。

突然ですが、昨夜1月19日の夜に放送された日本テレビの「NEWS ZERO」で、大人の塗り絵特集をやっていたのですが、その中のVTRで私のぬりえ作品を使っていただきました

 

VTR冒頭、SNSにぬりえを投稿する女性が増えているという場面で、私が以前instagramに投稿したぬりえが登場。

f:id:chizurumaro:20160120104054j:plain

時間にしてほんの数秒でしたが、まさか自分のぬりえがテレビに出る日が来るなんて思っていなかったので、とても嬉しかったです。

 

なかなか経験できないことなので、今回はZEROのスタッフさんからお話を頂いてから放送までの流れを簡単にまとめてみました。

また、問い合わせフォームのありがたみを実感したので、それについても記載しました。

 

 

ZEROのスタッフさんからのメールを確認した後に地震が起きた。

事の起こりは先週1月14日の木曜日でした。

食材の買い出しに出かけてお昼ごろ帰宅。

携帯を確認したところ、珍しくブログの問い合わせフォーム経由でメールが届いていました。

 

件名:日本テレビの◯◯と申します。

*お名前は伏せますね。

 

んんっ!?Σ(^ω^;)

 

なんだなんだ!?

見間違いか!?

イタズラか!?

 

落ち着いてメールの内容を確認すると、

NEWS ZEROで大人向け塗り絵の特集をする予定

・塗り終わったものをSNSに投稿する人が多いことを紹介したい

・ちづるさんのブログを見て、instagramに投稿しているものをVTRで紹介したい

ということでした。

 

マジかっ!!Σ(^ω^;)

 

メールの署名もしっかりしているし、メールアドレスのドメイン(@以降)も確かに日本テレビのものっぽい。

 

マジだっ!!Σ(^ω^;)

 

 

大事なVTRに使うのが私のぬりえで良いんですか!?

良いんですか!?

ひゃっほーい!!

 

と喜んだのもつかの間。

メールを確認した数分後。

 

まさかの地震発生。

 

しかも、私の住んでいる地域で震度4。

なかなかに大きい。

 

もしや、あのメールは天変地異の前触れ!?

普段起こらないことが起こったから!?

お前調子のってんじゃねーよ的な地震!?

 

パニックです。

 

突然ZEROのスタッフさんからメールが来たことに驚けばいいのか、突然大きい地震が来たことに驚けばいいのか。

地震で心配して電話をしてきた夫にかろうじて言えたのは、「何に驚いたらいいかわかんないよ!」でした。

人間予期せぬ自体が一度に降りかかるとびっくりします。

 

 

とりあえず落ち着いたところで、ZEROのスタッフさんに「ぜひお願いします」という内容のメールを返信。

すると、すぐに返信が来て、放送日程等を教えてくれました。

ブログにこのことを書いても良いか確認したところ、新聞やHPで内容が告知されてからでお願いしますとのことでした。

また、報道番組なので急に放送内容が変更になる可能性があること、VTRで紹介されないケースもあることも伝えられました。

放送前に「ぬりえを使ってもらえるみたいです」と書こうかと思ったんですが、使われなかったら悲しいわぁ・・・と思ったのでやめました。

前日にSMAP本人たちが生放送で解散報道について言及していたし、何より昨日北海道は暴風雪で天気大荒れでした。

もうこれぬりえより大事なニュースじゃん。

本当に使ってもらえるのだろうかとビクビクしながら半信半疑で夜11時の放送を待っていました。

 

 

どのぬりえが使われるかわからずリアルロシアンルーレット状態。

放送開始から20分ほどたって、塗り絵特集開始。

おお・・・!始まったぞ・・・!

実は私のどのぬりえが使われるか全くわかりませんでした。

スタッフさんが見栄えの良い写真を選んで使うだろうとおまかせ状態。

何が出るかわからない、これこそまさにロシアンルーレット。

おお・・・!こわいこわい・・・!

 

・・・出た!これか!

https://www.instagram.com/p/_yBUcdLyCl/

12月27日 ブログを更新しました。「1つの絵を複数の配色パターンで塗ってみた。」です。同じ絵を違う配色で塗ったら、印象がどれだけ変わるのか見てみたくて実験しました。よかったらご覧くださいませ~(*´ω`*) #ぬりえ #塗り絵 #大人のぬりえ #大人の塗り絵 #コロリアージュ #coloriage #coloriageantistress #coloriagepouradulte #coloringbook #ひみつの花園 #secretgarden #secretgardens #色鉛筆 #coloredpencil #色辞典 #irojiten #blog #ブログ #ブログ更新追記 ブログはプロフィール欄のURLからどうぞ。なにか書き忘れたたと思ったらこれだった!戸惑われた方いらっしゃったらごめんなさい(つд⊂)

 

私が今まで投稿した中でも、たくさんのいいね!をいただいた写真です。

この写真、ぬりえ自体結構時間をかけた上に撮影もちょっと難しかったのですが、頑張ってよかったと心の底から思いました。

 

このときのブログ記事はこちら。

chizurumaro.hatenablog.com

 

まさかチベット仏教みたいなアレとか、大惨事を起こしたセーラームーンカラーのぬりえは使われないだろうと思っていたのですが、自分自身大好きな頑張った1枚が使われて本当に安心しました。 

 

チベット仏教みたいなアレ

f:id:chizurumaro:20151105210326j:plain

 

*大惨事を起こしたセーラームーンカラー

f:id:chizurumaro:20150928194304j:plain

 

・・・今となっては良い思い出。

 

ということで、無事にVTRに使っていただけました。

もちろん、その後の塗り絵特集は最後まで見ました。

大人の塗り絵体験教室や、会社で女性従業員向けに企画されたぬりえ教室といった紹介があり、会社でぬりえをするのは驚きました。

個人的には、桐谷美玲ちゃんと一緒にぬりえをしていた阿部めぐみさんという女性のぬりえ作品がとてもステキでうっとりしてしまいました。

そして桐谷美玲ちゃんの色彩センスも素晴らしく、初めてとは思えないくらいでした。

 

昨年から大人の塗り絵について、頻繁にテレビで特集されることがありましたが、改めて特集を見ると、とても刺激になりました

また、ぬりえブームが続いてくれれば、ぬりえ本の出版ラッシュもきっとまだまだ続くだろうと期待が大きくなります。

次は韓国のぬりえブームについて、ぜひとも特集していただきたいです。

日本よりすごいらしいので、どんな感じか見てみたいです。

 

 

問い合わせフォーム設置後1週間でZEROから依頼が来た。

さてさて、今回の一連の出来事の始まりは、私のブログに設置してある「お問い合わせフォーム」でした。

スマホ表示では見えませんが、PC表示で見えます。

いつも読んでいるおはぎさんのブログでメールフォームに関する記事があり、昨年から気になっていました。

www.ohg.jp

昨年は、「こんなぬりえ始めたばっかりの人のところには何も来ないよな・・・」と思って設置しなかったのですが、今年に入って意を決して設置してみました。

お仕事が欲しいというよりは、こういうのを設置しておいて自分の可能性がなにかしら少しでも広がれば・・・というささやかな期待でした。

 

また、私はブログにコメント欄を設けていないので、読者から私への連絡手段は、

はてなブックマークのコメント

TwitterのリプライかDM

instagramのコメントかDM

のいずれかでした。

読者の方が連絡をとろうとしたときに、まずこのいずれかに登録していることが前提条件となり、それだけでハードルが高くなってしまいます。

連絡をとりたいと思った人の立場に立ったとき、何かに登録していないと連絡できないというのはとても面倒だろうと思ったし、それで自分の可能性がつぶれてしまうのはもったいないなと思ったのです。

 

おはぎさんが記事の中で記載していますが、

相手の手間を最優先に考えよう

お仕事欲しいブロガーはメールフォーム設置した方がええでって話 - コミックエッセイ-モノクロ家計簿

 この項目のお話はとても説得力がありました。

 

以上を踏まえて、今月1月6日にお問い合わせフォームを設置。

こういったメールフォーム等々はたくさんあって、どれを使ったらいいかわからなかったのですが、すぐに何か連絡が来ることもないだろうと、一番簡単そうなこちらのメールフォームを設置しました。

フリーで使えるメールフォームブログパーツ| BlogMail

登録不要・無料で利用可能。

さらに問い合わせの内容は、自分が事前に登録したメールアドレスで受信できます。

 

本当にウソみたいな冗談みたいなお話ですが、問い合わせフォームを設置して約1週間後に、ZEROのスタッフさんから、この問い合わせフォーム経由で連絡がきました。

問い合わせフォームを設置していなければ、おそらく今回のお話は来なかっただろうと思います。

お仕事絡みで連絡をくれる人は、大抵スマホからではなくPCから連絡してくることが多いと考えられるので、何かしら可能性を広げたい方は、メールフォーム必須だなと実感しました。

 

 

おわりに

さてさて、今日は自分の体験談になりましたが、いかがでしたか。

ちょっと前半荒ぶってましたが、それほど驚いて混乱していたんだと察していただければと思います・・・。

昨夜のZERO放送後に、instagramのフォロワーさんから「さっきZEROに作品出てませんでしたか?」とコメントをいただき、気づいてくださったことが本当に嬉しかったです。

結果的に、時間にしてほんの数秒の出来事でしたが、自分の人生にとってとても大事な数秒間となりました。

今回の経験でもっとぬりえを頑張ろう!とますますやる気がアップしたので、これからも楽しんで塗っていきたいと思います。

それでは、また次回〜。