ちづるのもっと!ぬりえライフ

自分に合った、自分だけの、心地良い「ぬりえライフ」を。ぬりえライフアドバイザー・ちづるが、大人の塗り絵(コロリアージュ)を通して、ぬりえライフをもっと楽しむためのヒントを発信します。

MENU

色辞典を使った感想(単色塗り・同系色重ね塗り編)

スポンサーリンク

今日はトンボの色鉛筆製品・色辞典についてのお話です。

色辞典を検索してこのブログにたどり着く方が多く、また、色辞典を買ってから4ヶ月ほどたったので、現時点での色辞典を使った感想をまとめてみました。

f:id:chizurumaro:20160324161910j:plain

 

色辞典の詳細はこちらの記事をどうぞ。

chizurumaro.hatenablog.com

私のブログで1番人気と思われる記事。

「みんな中身知りたいよね!私も知りたかったんだよ!」と思って書いた記事です。

 

【参考】色辞典の収録トーンは以下のとおり。

・ベリーペールトーン(1番明るく薄い色)

・ペールトーン(明るく薄い色)

・ビビッドトーン(はっきりした濃い色)

・ディープトーン(暗い濃い色)

・ライトグレイッシュトーン(灰色がかった薄い色)

・ダルトーン(少し暗い濃い色)

・蛍光色

 

目次

 

やはり芯は硬め

instagramでよく見かけるのが、「色辞典は芯が硬い」ということ。

4ヶ月使って思いましたが、確かにこちらの色鉛筆と比べると少し硬めです。

三菱鉛筆 色鉛筆 880級 36色 K88036CP

三菱鉛筆 色鉛筆 880級 36色 K88036CP

 

 ビビッドトーンやダルトーン、ディープトーン等はっきりした濃い色は、塗りやすいです。

一方、ベリーペールトーン、ペールトーン、ライトグレイッシュトーンのような薄い色は、筆圧が弱いと、少し色が見えにくいかもしれません。

特にベリーペールトーンは本当に色が薄いので、必ずしも必要ではないと思いました。

 

紙質との相性

芯が硬いので塗り絵本の紙質との相性があります。

(といってもまだ2冊でしか塗っていないのですが・・・。)

 

「奇跡の鳥の旅」は紙質がしっかりしていて少しツルツルめです。

色辞典でガンガン重ね塗りをしましたが、紙がボロボロになることはありませんでした。

奇跡の鳥の旅 ぬり絵BOOK Around the world

奇跡の鳥の旅 ぬり絵BOOK Around the world

 

 

「ひみつの花園」(日本版)は、ザラザラした紙質。

ひみつの花園  花いっぱいのぬりえブック

ひみつの花園 花いっぱいのぬりえブック

 

 色辞典で単色塗りをしていたときはあまり気にならなかったのですが、重ね塗りをしたところ、紙の繊維がかすかにはがれてきました。

硬めの芯で何度も同じ箇所を塗ったためかと思います。

ただ、本当にかすかで、場所にもよるし、ほとんど目立たないので、塗る分にはそこまで支障はありません。

紙質との相性ってあるんだなと知りました。

 

 

単色塗りの感想

昨年、同じ絵をコピーして異なる配色で3パターン塗ってみました。

chizurumaro.hatenablog.com

 すべて色辞典を使用し、補色の関係性で配色を決めました。

(補色については上記記事をご覧ください。)

こちらは、すべて単色塗りです。

重ね塗りはしていませんが、1色でグラデーションをつけています。

 

色辞典は単色で塗ってもきれいです。

特にオススメなのがライトグレイッシュトーン、ディープトーン、ダルトーン。

ディープトーン、ダルトーンは少し暗めでくすみがありますが、それがとてもいい味を出しています。

f:id:chizurumaro:20160322113003j:plain

*ディープトーン。このくすみが好きです。

 

また、ペールトーンやライトグレイッシュトーンのような明るい色は、ビビッドトーン、ディープトーン、ダルトーン等の濃い色と隣り合わせると、とてもよく映えます。

 

色辞典は「自然界の色を再現している」というコンセプトなので、渋い色が多いのかなと思ったのですが、そんなことはありませんでした。

色の組み合わせ方次第ではとても鮮やかに見えます。

 

 

同系色重ね塗りの感想

今年に入ってから、重ね塗りをしてみました。

青系色

chizurumaro.hatenablog.com

 

赤系色

chizurumaro.hatenablog.com

 

緑系色

chizurumaro.hatenablog.com

 

紫系色

chizurumaro.hatenablog.com

 

黄系色

chizurumaro.hatenablog.com

 

他の色鉛筆でも同じだと思いますが、同系色の重ね塗りはとにかく楽しかったです。

塗り方は、たとえば、緑系の色鉛筆の中から2〜4色を抜き出して、グラデーションをつけながら重ね塗りしました。

どんな色ができあがるのか自分でもわからない中で、思いもよらない素敵な色みが出てきたときの楽しさといったら!

色辞典の重ね塗りで、色鉛筆の楽しさを知ったと言ってもいいかもしれません。

 

色辞典はトーン別に収納されているので、重ね塗りをしやすい構成になっています。

ペールトーンとビビッドトーンを重ねてみたり、ライトグレイッシュトーンとダルトーンを重ねてみたり。

明るいトーンと暗いトーンを意識して組み合わせると、とてもきれいなグラデーションができあがるので、ぜひ試してほしいです。

特に、単色だと薄くて少し見えにくいペールトーンやライトグレイッシュトーンは、重ね塗りで本領発揮。

薄い色ながらさりげなく他の色を変化させるので、侮れません。

 

色辞典をお持ちの方、これから買う方はぜひぜひ試してみてください。

また、他社メーカーで沢山の色が揃っている色鉛筆をお持ちの方も、ぜひ同系色重ね塗りを試してみてください。

とても楽しいので、きっと色鉛筆がもっと好きになりますよ。

 

 

収納方法アレコレ

色辞典はセットで買った場合、10色ごとトーン別のブック型ケースに収納されています。

この収納方法は、使い勝手の良し悪しが人によって分かれそうです。

 

全部広げて色を選びながら塗るという方は、この収納方法だと青系や緑系等があちこちにあるので、それをいちいち探すことは手間に感じるみたいです。

全部ケースから出して自分で色別に分けるという方をちょくちょくお見かけします。

 

私は、予め使用する色を抜き出しておくので、今のところあまり不便には感じていません。

全部広げる場合は、色選びが苦手なので色辞典ではなく36色色鉛筆を使うようにしています。

色鉛筆の種類によって、使い方を分けていると言ってもいいかもしれません。

また、ブック型ケースから取り出すとき・しまうとき、それ自体に楽しさを感じています。

使い続けていくうちに全部ケースから出す日が来るかもしれませんが、当分はブック型ケース収納のままで使い続けようと思います。

 

ケースから全部出して並び替えても良し。

私のようにブック型ケースから出したりしまったりすることが楽しい方はそのまま使っても良し。

自分の使いやすいように工夫してみてください。

 

 

オススメの買い方

第一集と第二集はセット買い

セットで買おうか悩んでいる方。

第一集と第二集はセットで買って良いと思います。

使える色ばかりです。

ペールトーンは、ビビッドトーンやディープトーンと組み合わせると、きれいなグラデーションを表現できます。

また第二集に収録されているライトグレイッシュトーンは、単色で塗っても重ね塗りをしてもキレイ。

あまり見ない灰色がかった色なので、重ね塗りをすると新たな色を生み出せます。

私はライトグレイッシュトーン推しです。

f:id:chizurumaro:20160322112830j:plain

*ライトグレイッシュトーン。いい仕事をしてくれます。

 

初めて色鉛筆を買う方、まずは基本の色が欲しいという方は、第一集のみ買ってみてください。

他社メーカーの24〜36色色鉛筆と同じような色が揃っています。

あとは好みに応じて単品やセットで第二・三集の色を買い足していくと良いと思います。

 

 

第三集は単品買いでもいいかも

さて問題は第三集です。

とにかく全色揃えたい!という方はセット買いしてください。

実用性重視という方は、単品で買ったほうがいいかもしれません。

というのも、第三集に収録されているベリーペールトーン。

f:id:chizurumaro:20160322112532j:plain

*左列がベリーペールトーン。右列のペールトーンと比べると色が薄いです。

ご覧のとおり色が相当薄いです。

そのため、ベリーペールトーンは、正直なところなくても困らないと思います。

かすかに色づく程度なので、単色塗りだとあまり目立ちません。

ガシガシ塗ってようやく色が見えます。

重ね塗りでは下地・ぼかし役として使いましたが、紙質によってはガシガシ塗ってしまうと紙の繊維がはがれてしまう可能性があるので注意が必要です。

そのため、「ひみつの花園」では使いませんでした。

 

単品で買う場合、ダルトーンは買うことをおすすめします。

単色でも重ね塗りでもすごくきれいな色なので、大活躍します。

 

そして蛍光色。

実は買ってからまだ一度も使っていません!

明らかに他の色とは異なるので、同系色に混ぜたら何が起こるかわからず、それがこわくていまだに使えずにいます。

f:id:chizurumaro:20160322112744j:plain

蛍光色を使った方の作品をぜひとも拝見したいです。

どこでどうやって使ったらいいのか教えてほしい・・・。

目立たせたいところに塗るのがいいのか、全面的に塗ったら何が起こるのか。

蛍光色は使ってないのでなんとも言えませんが、他のメーカーの色鉛筆ではなかなか見ない色なので、興味のある方はぜひ買ってみてください。

 

 

今後の課題

・異なる色相の重ね塗り

・蛍光色を使う

 

同系色の重ね塗りはとりあえずひと通り試したので、次は異なる色相の重ね塗りにチャレンジです。

黄系と緑系や、紫系と青系など、隣り合う色相の重ね塗りから始めてみようと思います。

 

そして肝心の蛍光色。

なんの塗り絵本にどこで何色と組み合わせて使用するか。

全く見当がつきません。

とりあえず一度使ってみれば何かわかるかもしれないので、まずは使ってみようと思います。

 

色辞典を異なる色相で重ね塗りしたらどうなるのか、蛍光色はどうなのか、試したらまた感想をまとめたいと思います。

 

 

終わりに

長々とお付き合いくださりありがとうございました。

あくまで私個人の感想なので、参考意見の一つとして捉えていただければ幸いです。

ここまでいろいろと書きましたが、結局は自分の好みにあうかどうかですよね。

使ってみたいけどいきなりセットで買うことが不安な方は、まずは文房具店の店頭で試し塗りをするか、単品で数色買ってみてください。

ちなみに私は試し塗りもなにもせず、ミーハーな勢いのままAmazonで全色セット買いしました。

勢いってすごい!

ではまた次回〜。

 

 

色辞典公式HPはこちら。

色見本もこちらで確認できます。

www.tombow.com

 

色辞典 第一集

トンボ鉛筆 色鉛筆 色辞典 第一集 30色 CI-RTA

トンボ鉛筆 色鉛筆 色辞典 第一集 30色 CI-RTA

 

 

色辞典第二集

トンボ鉛筆 色鉛筆 色辞典 第二集 30色 CI-RTB

トンボ鉛筆 色鉛筆 色辞典 第二集 30色 CI-RTB

 

 

色辞典第三集

トンボ鉛筆 色鉛筆 色辞典 第三集 30色 CI-RTC

トンボ鉛筆 色鉛筆 色辞典 第三集 30色 CI-RTC