ちづるのもっと!ぬりえライフ

自分に合った、自分だけの、心地良い「ぬりえライフ」を。ぬりえライフアドバイザー・ちづるが、大人の塗り絵(コロリアージュ)を通して、ぬりえライフをもっと楽しむためのヒントを発信します。

MENU

ぬりえ用にデスクライトを買ったよ。明るくてぬりえがはかどる!

スポンサーリンク

今日はデスクライトのお話。

みなさん、ぬりえをするとき、手元暗くありませんか?

自分用の机がある方は、おそらくデスクライトをお持ちの方が多いと思います。

私は自分用の机がなく、いつも茶の間のテーブルでぬりえをしています。

明るい昼間は大丈夫ですが、天気が悪い日や、日が暮れる時間帯は手元が暗くなりがちです。

また、夜に部屋のライトをつけても、自分の影で見にくかったりすることがしばしば。

視力も姿勢も悪くなりそうです。

そして何より自分の塗っている色がよく見えない!

グラデーションや重ね塗りをするときは、暗くてよく見えないと非常に困ります。

 

ということで、奮発してデスクライトを買いました。

それがこちら。

ELECOM LEDデスクライト ワイドサイズ 4段階調光 学童向け ホワイト

ELECOM LEDデスクライト ワイドサイズ 4段階調光 学童向け ホワイト

 

 

 

買うときに重視した点

・角度調整がしやすい

・明るい(明るさ調節可能であればなおよし)

・ライトの色み

・移動しやすい

 

角度調整がしやすい

自分の好きな角度に簡単に変えることができると便利ですよね。

角度調整のできるライトには様々なタイプがあります。

こういうカクカクしたタイプも検討しました。

アームライト ブラック 04-2956

アームライト ブラック 04-2956

 

 

今回買ったライトは、今まで電器屋さんで見た中で1番角度調整がしやすそうだと感じました。

カクカクではなく、ぐにゃぐにゃタイプなんです。

すらっと伸びてる姿が・・・。

f:id:chizurumaro:20160405130027j:plain

こんなにぐにゃっと曲がります。

f:id:chizurumaro:20160405130127j:plain

ライトの向きも簡単に変えることが出来ます。

f:id:chizurumaro:20160405130232j:plain

ちなみに、この記事を書きながら試してみたら、真後ろにもぐにゃっと曲がりました。

自分の好みの角度に、簡単にぐにゃぐにゃ変えることができるのが気に入りました。

 

 

明るい(明るさ調節可能であればなおよし)

学童用の製品だけあって、結構明るいです。

しかも明るさは4段階で調節可能。

ライトがないと暗くて見にくく、かといって明るすぎると目がつかれます。

そんなわがままな私の要望に答えてくれる明るさ調節。

手元が見やすくなってありがたいです。

 

 

ライトの色み

ぬりえをする際に1番重要な点です。

実は今回のライトを買う前に、別のライトを買っていたのですが、ライトの色みで大失敗してしまいました。

 

去年買ったこちらのライト。

SWAN スワン電器 Mira コンパクトLEDライト ホワイト MR-005WH

SWAN スワン電器 Mira コンパクトLEDライト ホワイト MR-005WH

 

 店頭で色みを確認したはずだったんですが、購入してスイッチを入れたら、まさかのオレンジ系の色み。

黄色っぽい色みを期待していたのでびっくりしました。

水性ペンでぬりえをするときは、ただ塗るだけなのでオレンジ系の色みでも大丈夫です。

しかし、色鉛筆は重ね塗りやグラデーション等々微妙な色の違いがあり、オレンジ系の色のライトだと、それがよくわからなくなってしまいます。

そんな経緯から、今回ライトを購入する際は、店頭で入念にチェックしてきました。

 

今回購入したライトは、黄色っぽい色みです。

色鉛筆の微妙な色の違いもよくわかります。

 

ちなみに失敗したライトは、現在寝室の枕元で読書用に使用しています。

オレンジ系なので寝る前の明るさに丁度良いです。

私はお店で一体何を確認してきたのか、未だに謎です。

 

 

移動しやすい

私は茶の間のテーブルを占領してぬりえをしています。

食事時は片付けないといけません。

今回購入したライトは、軽くて持ち運びしやすいので良かったです。

ちなみにコンセントにつなげて使用します。充電式ではありません。

 

クリップ式のライトも検討していました。

 使用しているぬりえの作業台に、はさんで使用することを考えました。

chizurumaro.hatenablog.com

しかし、ライトの重みで作業台がひっくり返る可能性があり、またいちいちはさんだり外したりと、片付けるのも大変そう。

はさまずに置型として使用することも可能みたいなんですが、レビューを見たところ、置型にするには少し不安定とのこと。

ライトで気が散るのは避けたかったので、クリップ式は除外しました。

 

 

ライト点灯時の作業光景

こんな感じで作業しています。

f:id:chizurumaro:20160405133509j:plain

私は右利きなのでライトは左側に置いています。

テーブルが2つあり、くっつけて使用しています。

右側の茶色いテーブルは大きめで、塗る場所になっています。

もう1つの左の白いテーブルは、小さめなので使用中の画材やら本やらいろいろ置いてます。

場所取り過ぎですね。

自分専用のぬりえデスクに憧れながら茶の間を占領しています。

食事の時は片付けます。

とりあえず今のところ夫には怒られていません。

 

 

終わりに

いかがでしたか。

手元が暗いな、見にくいな、という方は、ライトの購入を検討してみてはいかがでしょうか。

今はいろいろなタイプのライトがあるので、自分の生活スタイルやぬりえの作業場所にピッタリのライトを見つけることができるといいですね。

ではまた次回〜。

 

 

 ELECOMさんの公式サイトはこちら。

www2.elecom.co.jp

ELECOM LEDデスクライト ワイドサイズ 4段階調光 学童向け ホワイト

ELECOM LEDデスクライト ワイドサイズ 4段階調光 学童向け ホワイト