読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちづるのもっと!ぬりえライフ

自分に合った、自分だけの、心地良い「ぬりえライフ」を。ぬりえライフアドバイザー・ちづるが、大人の塗り絵(コロリアージュ)を通して、ぬりえライフをもっと楽しむためのヒントを発信します。

MENU

「お姫さまと妖精のぬり絵ブック」妖精さんを青系3色で塗ってみた。

スポンサーリンク

今日は「お姫さまと妖精のぬり絵ブック」です。

昨年12月に塗り終わっていたのですが、ブログ記事にするタイミングを見失っていた1ページ。

 

できあがりがこちら。

f:id:chizurumaro:20160418124022j:plain

 

 

使用画材

36色色鉛筆と、ダイソーパステルです。

三菱鉛筆 色鉛筆 880級 36色 K88036CP

三菱鉛筆 色鉛筆 880級 36色 K88036CP

 

 

ダイソーパステルの詳細はこちら。

chizurumaro.hatenablog.com

 

 

妖精さんはシンプルに青系

私はたくさんの色を使うと収集がつかなくなるので、妖精さんは青系のみで塗ってみました。

たくさんの色を使用してもきちんとまとまった配色になる方がうらやましいです。

 

さて、今回妖精さんを塗る際に使用した色は以下の3色。

 

・みずいろ

・あおいろ

・ぐんじょういろ

 

3色を重ね塗りしたり、単色で塗ってみたり。

f:id:chizurumaro:20160418124609j:plain

昨年12月時点で、人物(妖精さんですが)を塗ったのはこのページが初めてでした。

このページで、人物や服を塗る楽しさに目覚めたかもしれません。

妖精さんのドレスの裾のシワシワフリル部分を塗っている時が、1番楽しかったです。

塗ってから4ヶ月たっていますが、いまだに楽しかったことをよく覚えています。

 

 

青系で塗ると決めましたが、さすがに肌や唇は、見て違和感がない色にしました。

f:id:chizurumaro:20160418125100j:plain

肌も唇も色鉛筆です。

肌を塗るときは、全面に塗るのではなく、影になる部分を重点的に塗りました。

 

 

妖精さんが魔法をかけているイメージでグラデーション

妖精さんの手からお花が舞っていきます。

このシーンは、妖精さんがお花で魔法をかけているように見えました。

 

妖精さんを青系で塗ったので、お花は左から右にかけて、青色スタートのグラデーションにしました。

f:id:chizurumaro:20160418125550j:plain

お花は色鉛筆で塗っています。

 

お花の背景は、ダイソーパステルを使用しました。

お花の色に合わせてグラデーションになるように塗ったのですが、色の境目が割とはっきりしてしまいました。残念。

 

 

終わりに

このページは塗るのが楽しくて、1日であっという間に出来上がりました。

だからなのか、4ヶ月たった今でも塗った時のことをよく覚えています。

この次のページは見開きページで、現在塗っている最中です。

次回の記事は、見開きページのご紹介になる予定です。

では、また次回〜。

 

 

お姫さまと妖精のぬり絵ブック (おとぎ話のぬり絵シリーズ)

お姫さまと妖精のぬり絵ブック (おとぎ話のぬり絵シリーズ)