読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちづるのもっと!ぬりえライフ

ぬりえライフをもっと楽しむために、塗った作品・塗り絵本・画材のことや、塗り絵に関するお悩みを中心に紹介しています。

悩むよりもまずは試してみる!クーピーをバラ買いしてわかったこと。

スポンサーリンク

ここ1ヶ月位、クーピーを買うかとても悩んでいました。

小学生の頃持っていたあのクーピーです。

大人のぬりえの画材としても注目されています。

Instagramでクーピーを使ってとても上手に塗っている方を見て、欲しくなりました。

買うか検討したのはこちらの60色セット。

サクラクレパス クーピーペンシル 60色 FY60

サクラクレパス クーピーペンシル 60色 FY60

 

高い色鉛筆に比べて、比較的手に入れやすい価格。

しかし、これを買うかどうか、実に1ヶ月以上悩んでいたのです。

 

 

なぜ悩んでいたのか?

小学生以来1度も使っていません。

持っていた小学生当時も、ろくに使った記憶がありません。

使い心地も覚えていません。

ただ、なんとなくあまり好きではなかったということだけは覚えています。

そのため、いきなり60色も買って、気に入らなかったらどうしようと悩んでいました。

さらに、クーピーは折れやすいらしいという噂。

そして細かい絵を塗るには、こまめに削らないといけないという、実際に使っている方のお話。

以上から、購入になかなか踏み切れませんでした。

 

 

単品で買ってみる。

スマホで情報収集してみるものの、いまいち踏ん切りがつきません。

気になり始めたときに、さっさと単品で買ってきて試せばよかったのに。

単品で買って、良かったから60色セット買うとなったときに、単品で買ったクーピーが重複するのは嫌だなと考えていました。

使い心地もわからずにいきなり60色セットを買って、「やっぱりあんまり好きじゃない!買わなきゃよかった!」ってなる方がよっぽど問題ですよね・・・。

いつまでも悩んでいる自分が嫌になり、先日文房具屋さんに行ったときに、単品で買ってきました。

「あお」と「きんいろ」の2色。

お値段1本70円。

安い!

「きんいろ」はInstagramでも単品で持っている方が多く、無駄にはならないだろうと思って購入。

「あお」は、王道の色はどんな感じなのかを確認するために買いました。

 

 

試し塗りして感じたこと。

早速試し塗りしました。

f:id:chizurumaro:20160423121111j:plain

「ひみつの花園」のページをコピーした紙に塗っています。

 

良かった点

・やわらかいので塗りやすい。

・発色がいい。

 

悪かった点

・削っているときのもったいない感がすごい。

・細かい絵を塗るときは、きちんと尖らせないと塗りにくい。

・開始10分もたたずに、削っている最中に「あお」のペン先が折れた。

・ペン先が折れて再び削るとき、尖らせるまでが手間。

・削ったカスが静電気?で手にくっつきやすいので取るのが大変。

 

 

色鉛筆よりも断然やわらかいです。

筆圧が弱い人でも塗りやすいと思います。

f:id:chizurumaro:20160423122123j:plain

ゴールドは噂通り、光沢があってとてもキレイです。

単品で買う人が多いのも納得。

この画像の「あお」は心折れたあとだったので塗り方が雑です・・・。

 

ペン先が折れる前に塗った「あお」。

f:id:chizurumaro:20160423122253j:plain

まさしく、色鉛筆とクレヨンの中間みたいな感じです。

ただ、塗っていると細かい粉が出やすかったです。

 

塗り心地や色みは良かったです。

問題はお手入れ

やはりこまめにペン先を尖らせないと塗りにくいです。

そしたら、削っている最中にペン先が折れてしまいました。

再びペン先を尖らせようと頑張って削ったんですが、これがなかなか面倒です。

削りカスも静電気のせいなのか手にくっつきやすい。

さらに削ったあとに気づいた衝撃の事実。

f:id:chizurumaro:20160423123036j:plain

短くなるのが早い・・・!!

まだ使い始めて数分しかたっていないのに、ペン先が折れて削り直しただけでこんなに短くなってしまいました。

削りカスも本来であれば塗れるはずだったもの。

なんだかすごくもったいない気持ちでいっぱいになってしまいました。

 

色もキレイでやわらかく塗りやすいクーピー。

ただ、色鉛筆よりも気をつかって丁寧に扱う必要があると感じました。

 

 

実際に試すことが1番の情報収集

今回バラ買いして、わかったこと。

クーピーは私には向いていないようです。

削ること自体にストレスを感じてしまいます。

しかし、これは、スマホの前で悩んでいるだけではわからないことでした。

他の人にとっては、削ることはあまりストレスではないかもしれません。

実際に自分で使ってみたから気づけたことです。

新しい画材を購入するか悩んでいるときは、実際に使っている人に話をきくのも大事だけど、自分で単品で買って試すことが1番の情報収集だと改めて感じました。

 

ということで、60色セットを買うのはやめました。

また再び欲しくなるときが来るかもしれませんが、そのとき考えようと思います。

 

 

終わりに

クーピーは画材としてはとても優れていると思います。

使いこなしている方もたくさんいらっしゃいます。

ただ、私には向いていないというだけなので、その点ご注意ください。

買おうか悩んでいる方は、単品で買って試してみることをオススメします。

お子さんがクーピーを持っている方は、ちょっと借りてみるのもいいですね。

とりあえず使ってみれば何かがわかります。

使いやすいかどうかは、結局は自分にしかわからないんだなというお話でした。

 

これからは、他の方の素敵クーピー作品を眺めて楽しみたいと思います。

InstagramやTwitterで相談に乗ってくださった皆さん、ありがとうございました!

では、また次回〜。