読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちづるのもっと!ぬりえライフ

ぬりえライフをもっと楽しむために、塗った作品・塗り絵本・画材のことや、塗り絵に関するお悩みを中心に紹介しています。

絵本としても読めちゃう有名童話の塗り絵本はこれ!くるみ割り人形を塗ってみた。

塗り絵作品 画材 水彩色鉛筆 画材 水性ペン 画材 パステル 塗り絵本 ぬりえの赤ずきん、くるみ割り人形、不思議の国のアリス

スポンサーリンク

今回は新しい塗り絵本を塗りました。

「ぬりえの赤ずきん、くるみ割り人形、不思議の国のアリス」です。

ぬりえ の 赤ずきん、くるみ割り人形、不思議の国のアリス

ぬりえ の 赤ずきん、くるみ割り人形、不思議の国のアリス

 

絵本がそのまま塗り絵になったような1冊です。

有名な3つの童話を自分の好きな色で塗ることができます。

ストーリーも文章として載っているので、そのまま絵本としても読めちゃう。

しかもなんとこの文章、白抜きになっていて文字を塗ることができるのです。

 

今回は、3つのお話の中から「くるみ割り人形」の表紙を塗ってみました。

出来上がりがこちら。

f:id:chizurumaro:20160731134340j:plain

キラキラさせてみました。

 

 

塗る前の絵はこちら

割とあっさりめの絵です。

タイトルの文字も塗ることができるのが面白いです。

f:id:chizurumaro:20160731121452j:plain

 

 

メインの人物を塗ります。

主人公のクララとくるみ割り人形はこちらの水彩色鉛筆。

濡らさずにそのまま塗りました。

ステッドラー 水彩色鉛筆 カラトアクェレル 125 M60  60色

ステッドラー 水彩色鉛筆 カラトアクェレル 125 M60 60色

 

 

クララは可愛らしい良家のお嬢さんをイメージして金髪にピンクのお洋服。

くるみ割り人形は記憶がおぼろげだったので、画像検索した結果を参考に塗りました。

f:id:chizurumaro:20160731121712j:plain

今回は塗りもあっさりめにしました。

各パーツの重ね塗りは2色ほど。

クララの洋服の襟部分は白いフリルを表現したくて、そのまま真っ白にしておくよりも多少色をつけたほうが白っぽく見えるかと思い、薄い水色(31 glacier blue)で影をつけてみました

 

 

文字を塗ります。

白抜きのタイトルの「The Nutcracker」。

私は昔から文字に影をつけるのが好きなので、中は白抜きのままで外側に影をつけました。

f:id:chizurumaro:20160731122503j:plain

影をつけるだけでも文字がはっきりします。

 

使用したのはこちら。

ペン先0.4mmの水性ペン。

色はイエロー(44)を使用しました。

 

 

背景を塗ります。

背景が白いままだと寂しいのでダイソーのパステルで色をつけました。

ダイソーのパステルについてはこちらの記事をどうぞ。

 

今回は3色をランダムに重ね塗り。

f:id:chizurumaro:20160731123037j:plain

ファンタジーな雰囲気を出したくて、以下の3色を使用しました。

 ・ライトブルー

 ・ブルーバイオレット

 ・マゼンタ

 

茶こしでパステルを削って、パフでザザーッと塗っています。

背景で、ふんわりした雰囲気を出したいとき、手っ取り早く広範囲を塗りたいときは、パステルが大活躍してくれます。

ニコ 茶こし 【日本製】 32506

ニコ 茶こし 【日本製】 32506

 

 

チャスティ メイクアップスポンジ バリューパック コンパクト型24P

チャスティ メイクアップスポンジ バリューパック コンパクト型24P

 

 

 

キラキラさせます。

背景をパステルでざっと塗り、雰囲気が大きく変わりました。

しかしまだ少し寂しいですね。

 「くるみ割り人形」と言えばクリスマスなので、キラキラさせてみました。

 

使用したのはこちらのペン。

ユニボール シグノ スタンダード 0.8mm【金】 UM100.25
 

 

ユニボール シグノ スタンダード0.8mm【銀】 UM100.26
 

 

まずは金色を使用してタイトル周りに星や点々を散りばめてみました。

f:id:chizurumaro:20160731124132j:plain

結構キラキラします。

f:id:chizurumaro:20160731124105j:plain

 

また、くるみ割り人形には魔法をかけてみました。

f:id:chizurumaro:20160731125017j:plain

金色と銀色の2色を使って、星や点々を螺旋状に散りばめてみました。

 

f:id:chizurumaro:20160731125259j:plain

キラキラさせたら大分「くるみ割り人形」らしくなってきました。

 

 

円を描きます。

最後の仕上げ。

キラキラさせたけれど、まだ背景は少し寂しい。

ということで、円のテンプレートを使い、白で円や点を描いてみました。

 

使用したのはこちら。

三菱鉛筆 シグノ太字1.0mm 153 白

三菱鉛筆 シグノ太字1.0mm 153 白

 

 

デリーター 円定規

デリーター 円定規

 

手軽に円を描くことができてとても便利なテンプレート。

こんな感じになります。

f:id:chizurumaro:20160731125908j:plain

 

 

完成!!

f:id:chizurumaro:20160731134448j:plain

白で円を描いたことで、ファンタジー色が強くなりました。

パステルをもっと濃くしてもよかったかもしれません。

くるみ割り人形を螺旋状にキラキラさせるのが面白かったので、またどこかの場面で使おうと思います。

 

 

終わりに

この本は全体的に絵があっさりしていて、また絵自体も抽象的な表現が多いです。

最近の「大人の塗り絵」や「コロリアージュ」ブームの中で出版されている他の本と比べると、大分絵の雰囲気が異なるかもしれません。

しかし、余白も適度にあり、描きこんで自由に表現することが可能。

なけなしの想像力を頑張って膨らませてみたいです。

自分の好きな色で塗ったり描きこんだりして、自分だけのオリジナルの絵本が作れるというのが大きな魅力のこの1冊。

次はストーリー本編を塗りたいと思います。

ではまた次回〜。