読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちづるのもっと!ぬりえライフ

ぬりえライフをもっと楽しむために、塗った作品・塗り絵本・画材のことや、塗り絵に関するお悩みを中心に紹介しています。

画材と収納方法公開!使うときは「必要なときに必要なだけ」。

塗り絵から感じたこと 塗り絵の環境 塗り絵の質問・相談

スポンサーリンク

今日は、前回の予告どおり、私が持っている画材と収納方法を公開します。

画材は塗り絵本よりかなり吟味して購入しています。

ものにもよりますが、あんまりホイホイ買わないように気をつけています。

持っている画材は、今までの過去記事で見覚えがあるものばかりかもしれません。

ちなみに収納方法は全くオシャレじゃないので、塗り絵本同様期待しないでください・・・。

 

 

持っている画材

普段塗り絵に使用しているものをすべて並べてみました。

f:id:chizurumaro:20160809125804j:plain

過去記事に載せたことがあるものばかり。

右上は先日買ったばかりの油性色鉛筆・ポリクロモス120色です。

 

左上のペン立てには、単品で集めたペンを入れています。

大好きなsignoの超極細や筆ペン、ステッドラーのメタリックマーカーなどなど。

ちなみにペン立てはお菓子の空き箱で作りました。

まるで夏休みの自由研究のよう。

 

1番下の左から3つ目は、3coinsで買ったラメペン8色セット。

結構ラメが光ります。

お値段は300円+税。

こちらの塗り絵で使用しました。

 

 画材の詳細はこちらからも確認できます。

塗り絵本や画材が増えたら随時更新しています。

 

 

収納方法

さて、これだけの画材を普段どこにしまっているのか。

 

ここです!

f:id:chizurumaro:20160809130759j:plain

サイドボードの中にある四角い箱。

ドローイングボードの台であるラップトップサポート書見台が、うまい具合にフタ代わりになっています。

 

こちらの箱は、ダイソーで買ったもの。

f:id:chizurumaro:20160809131221j:plain

塗り絵を始めて3ヶ月目くらいに、画材や塗り絵本を収納するために買いました。

その後、塗り絵本が増えすぎたので、画材用ボックスになっています。

 

中はこんな感じ。

f:id:chizurumaro:20160809131336j:plain

ポリクロモス以外の画材はすべてすっぽり入ります。

ポリクロモスは買ったばかりで、さらに現在使用中なので、まだここにしまったことがありません。

入らなかったらどうしよう。

 

右下のパステルはこんな感じで収納しています。

f:id:chizurumaro:20160809131700j:plain

パステルを使用するときの関連道具は細々しているので、こちらのボックスに入れてひとまとめ。

f:id:chizurumaro:20160809131642j:plain

パステルを削る茶こしや、パフ、アイシャドウチップを入れています。

パステルを予めすべて削って小さいケースに小分け収納している方もいらっしゃいますよね。

すごく素敵。

残念ながら私はパステルの使用頻度がそこまで高くないので、使うときに必要な分だけ削っています。

そのためたまにこんなことも・・・。

削ったパステルが風に舞うという大惨事が起きるので、みなさんお気をつけて!

 

 

この他に、収納ボックスには塗り絵関係のファイルも入れています。

内容によってファイルの色を分けています。

 

ピンク色のファイルは色見本。

f:id:chizurumaro:20160809131926j:plain

 

黄色ファイルは、コピーして塗ったものや本から切り離して塗ったもの。

f:id:chizurumaro:20160809132018j:plain

 

青色ファイルは、シルエット塗りで使用した型紙。

f:id:chizurumaro:20160809132101j:plain

こちらは正直捨ててもいいかなとも思うんですが、念のために保管。

そのうち処分するかもしれません。

 

 

必要なときに必要な分だけを出して使う

画材は普段ボックスに入れています。

そのとき塗るのに必要な画材を出して使う。

ポリクロモスやステッドラー水彩色鉛筆は、使うときにケースごと出して使用。

色辞典や水性ペンは、必要な色だけを抜き出して、使用しない色はケースごとボックスにしまっちゃいます。

 

色鉛筆をすべてペン立てに収納して机の上に並べるという光景も、プロの机のようでとても憧れます。

しかし、次の3つの理由から現在それはしていません。

 ・理想のデスク作りのイメージ図がスッキリしたデスクだから。

 ・机の前にある二重窓が内開きなので余計なものを置けない。

 ・窓から砂埃が入ってくるので掃除しやすいように。

 

下2つは現実的に厳しい理由です。

窓を開けることを考えると、ペン立てを置ける場所がかなり限られてしまいます。

また、夏場は風に乗って砂埃が入ってくるので、掃除しやすいようにあまり物を置かないようにしています。

置いておいたら砂埃でザラザラしちゃうんです。

 

そして1番最初の理想のデスクイメージについて。

今のデスクを買う前に、こんなデスクにしたいというイメージ図を作っていました。

f:id:chizurumaro:20160526130554j:plain

 

理想のデスク画像を集めたところ、机の上がスッキリ片付いている画像にとても心惹かれていることに気づきました。

デスクを使わないときは、すぐに片付けることができてスッキリキレイな状態にしておきたい。

そのために、画材は必要なときに必要な分だけを出して、それ以外は片付けてしまう。

現在は残念ながら完璧にスッキリキレイな状態とまではいきませんが、近づけることはできているんじゃないかなと思います。

 

必要なときに必要なだけ。

それ以外はしまっちゃう。

いまのところ、これで特に不便を感じていないので、しばらくはこのスタイルでいこうと思います。

もしかしたら、そのうち全部ペン立てに並べたくなる日が来るかもしれません。

 

色辞典の収納方法についてはこちらでも書いています。

 

終わりに

みなさんは、画材どのように収納していますか?

ペン立てに入れて並べるのも、きっと見ているだけですごく幸せになれそうですね。

みなさんの収納方法もぜひぜひ見てみたい!

なんで人の作業する光景とかデスクってときめくんでしょうね。

不思議だ〜。

 

最後になりましたが、今回塗り絵本と画材、収納方法について見てみたいとリクエストをくださった方、ありがとうございました。

自分でも記事を書いてて新たな発見があったので楽しかったです。

 

次は塗り絵作品の記事になりそうです。

ではまた次回〜。

 

 

塗り絵本と収納法についての記事はこちら。