読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちづるのもっと!ぬりえライフ

自分に合った、自分だけの、心地良い「ぬりえライフ」を。ぬりえライフアドバイザー・ちづるが、大人の塗り絵(コロリアージュ)を通して、ぬりえライフをもっと楽しむためのヒントを発信します。

広い範囲を塗るときは少しずつ侵食するイメージで。

スポンサーリンク

前回の記事で予告したとおり、今回は「広い範囲はどうやって塗るのか」についてです。

前回の記事はこちら。

実は範囲の広い狭い関係なく、大体いつも同じ塗り方なんですが、広い範囲のときは特にグラデーションを意識するようにしています。

(できているかはおいといて。)

全面ベタ塗りは、塗り絵を始めた頃はそればかりでしたが、最近はあまりしていません。

前回塗った、くるみ割り人形の主人公・クララのドレスを使って、こんな風に塗ってますよ〜というのを説明していきます。

f:id:chizurumaro:20160820125631j:plain

 

 

使用した色鉛筆はこちら

ファーバーカステル ポリクロモス色鉛筆セット 120色 缶入 110011

ファーバーカステル ポリクロモス色鉛筆セット 120色 缶入 110011

 

クララのドレスに使用した色は次の2色です。

119 light magenta

123 fuchsia

 

【119】は薄い紫がかったピンク。

【123】濃いピンクです。

今回はこの2色を使って説明していきます。

 

 

塗り方は「力を抜いて」「少しずつ」

まず【119】で、端からうすーく塗っていきます。

力を抜いて、なでるように、小さい円を描くようにくるくると。

f:id:chizurumaro:20160820154724j:plain

焦らないでちょっとずつ塗ります。

 

最初の段階では、白い部分を残しておきます。

f:id:chizurumaro:20160820154741j:plain

この後、端や影の部分を少しずつ濃くしていきます。

 

全体を大体薄く塗ったら、同じ【119】を使い、最初より気持ち筆圧強めで濃くしていきます。

f:id:chizurumaro:20160820154750j:plain

このときすべてを濃くするのではなく、裾や影の部分のみ濃くします。

塗り方は先ほどと同様に、小さい円を描くようにくるくると。

 

クララのドレスは女の子らしく、よりピンク色を強調したいので、ここで【123】を使います。

濃くしたい部分に【123】を重ねます。

f:id:chizurumaro:20160820154814j:plain

今回はドレスの裾部分。

筆圧弱めにくるくると塗ります。

 

最初に塗った色と自然なグラデーションになるように、【119】をさらに上から塗り重ねます。

【119】は【123】の上から塗りますが、同時に周囲の色となじませるイメージで、【123】より広範囲を塗ります。

f:id:chizurumaro:20160820154824j:plain

この「周囲となじませる」作業をしていくうちに、最初に白く残しておいた部分がちょっとずつ侵食されていきます。

 

他の部分も、スカートの裾と同じ要領で濃くしていきます。

白い部分が大分侵食されました。

f:id:chizurumaro:20160820154841j:plain

自然なグラデーションに近づけたでしょうか。

 

ドレスの他の部分も同じように塗りました。

f:id:chizurumaro:20160820154849j:plain

最初にすべてを塗らず、白い部分を残しておくと後から濃さの調整がしやすいです。

全面を同じ色み、同じ濃さで塗りつぶすのも好きなんですが、同系色で色の濃淡を表現するのがすごく好きで、最近ではもっぱらこの塗り方ばかりです。

 

塗り終わってから気づいたけど、動画で撮ればよかった\(^o^)/

 

 

終わりに

いかがでしたか。

塗り絵を始めた頃は、グラデーションのやり方がわかりませんでした。

いろいろ塗ってみて、現在のこの塗り方に落ち着いています。

広い範囲やグラデーションの塗り方がわからないという場合は、少しでも参考になれば嬉しいです。

この塗り方や他の方の塗り方を参考にしながら、自分に合った塗り方を見つけてみてください。

それではまた次回〜。

 

 

使った塗り絵本はこちら

ぬりえ の 赤ずきん、くるみ割り人形、不思議の国のアリス

ぬりえ の 赤ずきん、くるみ割り人形、不思議の国のアリス

 

 

よかったら動画もどうぞ