ちづるのもっと!ぬりえライフ

自分に合った、自分だけの、心地良い「ぬりえライフ」を。ぬりえライフアドバイザー・ちづるが、大人の塗り絵(コロリアージュ)を通して、ぬりえライフをもっと楽しむためのヒントを発信します。

MENU

【赤色編】ダイソー塗り絵「花の国」を赤・青・黄の3色で塗ってみた。

スポンサーリンク

今回は新しいことに挑戦です。

ずーっと前からやりたかった、赤・青・黄の3色塗り絵を始めました。

色鉛筆の赤色、青色、黄色の3色だけで色を作ります。

初めてなので上手くいくかわからないし、失敗する可能性のほうが高い。

ということで、失敗してもダメージが少なさそうなダイソーの塗り絵を使うことにしました。

ちなみにこの3色塗り絵、現在色づくりに絶賛悪戦苦闘中のため、いつ終わるかわかりません。

長くなりそうなので、作った色ごとに記事を分けてご紹介していこうと思います。

今回は3色で赤色を作ってみました。

 

 

使用した塗り絵本

ダイソーで1冊100円で売っているこちらの塗り絵本。

f:id:chizurumaro:20160808135530j:plain

今回は左の「花の国」を塗ります。

1冊30ページほど。

イラストを描いたのはこちらの塗り絵本を出版したイラストレーターのクラミサヨさんです。

ぬり絵BOOK ネコと仲間たちの不思議な世界

ぬり絵BOOK ネコと仲間たちの不思議な世界

 

 

このダイソーの癒しの塗り絵シリーズ、100円でこのページ数、このイラストのクオリティの高さ。

新しく大人の塗り絵を始めてみたいという方にも、手軽に挑戦できるオススメの塗り絵本です。

 

ちなみにこの他にも、現在ダイソーには1冊300円の塗り絵、seriaにもかわいいイラストの塗り絵があるみたいです。

まだ実物を見たことがないので、そのうち機会があれば見てみたいです。

 

 

使用した色鉛筆

三菱鉛筆 色鉛筆 880級 36色 K88036CP

三菱鉛筆 色鉛筆 880級 36色 K88036CP

 

3色塗り絵をしたら、色鉛筆がめちゃめちゃ減るらしいです。

今回は初挑戦ですし、実験的な意味合いもあるので、1本あたりが安いこちらの色鉛筆を使用します。

また、比較的安い色鉛筆でも3色塗り絵は十分にできるのか、ということも確認できればと思います。

 

 

塗ったのはこちらのページ

f:id:chizurumaro:20161104125634j:plain

3色でどこまで作れるかがわからないんですが、作る色の種類が少なくても行けそうなこちらのページを選びました。

目標は、バラの花の色と葉っぱの緑色を作ることです。

 

 

赤色の作り方

赤の色鉛筆1本でも十分塗れるんですが、今回は3色を使って深みのある塗り方を目指します。

お花の右下の花びらで、色が重なる様子を見て行きましょう。

 

①全体に薄く赤色を塗ります。

f:id:chizurumaro:20161104130117j:plain

 

②薄く黄色を重ねます。

f:id:chizurumaro:20161104130233j:plain

 

③影にしたい部分に青色を薄く重ねます。

f:id:chizurumaro:20161104130254j:plain

今回は手前の花びらが重なっている部分と、花びらの奥の部分に青色を重ねました。

 

④再び全体に赤色を重ねます。

f:id:chizurumaro:20161104130412j:plain

 

⑤黄色も重ねます。

f:id:chizurumaro:20161104130507j:plain

心なしかリンゴに見えてきました。

 

⑥最後に再び赤を重ねて完成!

f:id:chizurumaro:20161104130542j:plain

 

 

最終的にこんな形になりました。

f:id:chizurumaro:20161104130718j:plain

いかがでしょうか。

深み、出てるでしょうか・・・。

 

今まで、ほとんど同系色の重ね塗りしかしてきませんでした。

赤色と黄色を重ねるのは抵抗がないんですが、赤色と青色を重ねるのはしたことがないので、どうなることやらとドキドキでした。

青色、いい仕事しますね。

青色があるのとないのとでは影部分の深みが全然違う気がします。

とても楽しく塗れました。

 

 

終わりに

今回の真ん中の大きなバラの花。

塗っている様子を動画で撮影しました。

動画で見ると、青色の仕事っぷりがより良くわかるはず!

もう少しで編集が終わるので、終わり次第またYouTubeに投稿しようと思います。

 

ちなみに現在は葉っぱを緑で塗っています。

これがまたとんでもなく難しくて、緑色に辿りつくまでとても時間がかかります。

緑色ができ次第、そちらもブログでご紹介しますね。

しばらくこの3色塗り絵が続きますが、楽しんでいただけると嬉しいです。

ではまた次回〜。