読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちづるのもっと!ぬりえライフ

ぬりえライフをもっと楽しむために、塗った作品・塗り絵本・画材のことや、塗り絵に関するお悩みを中心に紹介しています。

同系色のグラデーションの塗り方(上から下方向へ)

塗り絵の質問・相談 画材 色鉛筆 動画 塗り絵本 ねむれる森

スポンサーリンク

グラデーションの塗り方についていくつかご質問を頂きました。

私は塗り絵を始めた当初べた塗りしかできませんでした。

塗り絵を続けるうちに次第にグラデーションに憧れるようになり、見よう見まねでなんとかそれらしいものができるようになりました。

正直この塗り方で良いのか未だに自信がありません。

しかし、ありがたいことに「ちづるのグラデーションの塗り方を知りたい」と言ってくださる方がいらっしゃったので、私なりのグラデーションの塗り方についてご紹介したいと思います。

今回は、私が塗り絵で1番多く使う塗り方。

同系色の色鉛筆を使用し、一方向に向けて濃くしていく塗り方を、画像と動画でご紹介します。

f:id:chizurumaro:20170211153549j:plain

 

 

同系色グラデーションの色選び

同系色でグラデーションを作るときは、同系色の色鉛筆の中から2〜3色選びます。

範囲が広い箇所を塗るときは3色。

①薄い色、②濃い色、③その間の色、の3色です。

範囲が狭い箇所を塗るときは2色。

①薄い色、②濃い色、を選びます。

使用する色は、色見本を見ながら感覚で適当に選んでいます。

f:id:chizurumaro:20160802123208j:plain

色数が多い色鉛筆セットを持っていると、選ぶ色によって出来上がる色合いも異なるので面白いです。

一方で、36色の色鉛筆セットでも、たとえば黄緑色と緑色があればその2色だけでグラデーションを作ることは十分可能です。

f:id:chizurumaro:20160503135603j:plain

この「狼と7匹の子ヤギ」のページは36色セットの色鉛筆でグラデーションを作りながら塗りました。

 

使用した画材

ファーバーカステル ポリクロモス色鉛筆セット 120色 缶入 110011 [日本正規品]

ファーバーカステル ポリクロモス色鉛筆セット 120色 缶入 110011 [日本正規品]

 

このうち、次の3色を使いました。

・128 LIGHT PURPLE PINK

・123 FUCHSIA

・125 MIDDLE PURPLE PINK

この3色の中で、【128】が1番薄い色、【123】が中間、【125】が1番濃い色です。

 

 

塗り方

今回はこちらの木を塗ります。

f:id:chizurumaro:20170211152646j:plain

上を薄く、下にいくにつれて濃くなるようにグラデーションを作ります。

 

全体を【128】で薄く塗ります。

f:id:chizurumaro:20170211153020j:plain

 

下から半分ほどの範囲に中間色の【123】を塗ります。

f:id:chizurumaro:20170211153055j:plain

 

下から1/4くらいの範囲に1番濃い色の【125】を塗ります。

f:id:chizurumaro:20170211153141j:plain

 

色と色の境目をなじませるように、1番薄い【128】を全体に塗ります。

f:id:chizurumaro:20170211153320j:plain

紙の白い隙間を埋めるように塗り込みました。

 

濃さを微調整して出来上がりです。

f:id:chizurumaro:20170211153437j:plain

私のグラデーションの塗り方の特徴は、薄い色を使ってぼかしたりなじませたりして色の濃さを調整することです。

そのため、薄い色の色鉛筆の減りがものすごく早いです。

 

今回は木の上を薄く、下を濃くするグラデーションを作りました。

グラデーションのつけ方は、イラストによって変わりますが、小さな葉っぱや花びらの場合は根元を濃くしたり、逆に葉先を濃くすることもあります。

f:id:chizurumaro:20160829155611j:plain

 

こちらも花びらの根元を濃く、花びらの先を薄くするグラデーションを作りました。

f:id:chizurumaro:20160511104950j:plain

 

 

動画はこちら

今回の塗り方について、先ほどのイラストの隣の木を塗る様子を動画にしました。

塗る順番や使用した色は全く同じです。

画面下部のキャプションの文字が見にくくて申し訳ありません・・・。

具体的にどんな感じで色鉛筆を動かしているかがわかるかと思います。

結構適当に塗っていますが、それなりになんとかなっているので大丈夫です。

 

今回の動画はトータルで約8分半。

実際のスピードのままになっているので、速度を調整したり適度にすっ飛ばしたりとお好きなようにご覧ください。

YouTube画面右下の「設定」メニューから速度を調整できます。

(*PC端末からのみ設定可能)

f:id:chizurumaro:20161106140300p:plain

f:id:chizurumaro:20161106140327p:plain

 

 

終わりに

グラデーションの塗り方、いかがでしたか?

今回は上から下にかけて濃くしていく一方向のグラデーションをご紹介しました。

グラデーションは苦手という声を多く頂きます。

グラデーションに挑戦してみたいけれど、やり方がよくわからないために苦手意識を持っているとしたら、それはとてももったいない。

そこで、微力ではありますが少しでも参考になればと思い、今回私のグラデーションの塗り方や色の選び方を具体的にご紹介しました。

慣れるととても楽しいので、もし良かったら是非参考にしてみてください。

次の記事では、大きめの葉っぱのイラストを使って二方向のグラデーションの塗り方をご紹介したいと思います。

ではまた次回〜。

 

 

今回使用した塗り絵本

ねむれる森 夢いっぱいのぬりえブック

ねむれる森 夢いっぱいのぬりえブック

 

 

 

こちらの記事もどうぞ