ちづるのもっと!ぬりえライフ

自分に合った、自分だけの、心地良い「ぬりえライフ」を。ぬりえライフアドバイザー・ちづるが、大人の塗り絵(コロリアージュ)を通して、ぬりえライフをもっと楽しむためのヒントを発信します。

MENU

【お悩み相談】コピーして塗ったものをSNSに投稿するのは著作権の侵害になる?

スポンサーリンク

今日は著作権についてのお話です。

あー!またか!

この問題本当にややこしいし難しいよね・・・。

最近Instagramでは、塗り絵本を水彩紙等にコピーして水彩絵の具で塗り絵を楽しむという動きが広まりつつありました。

私もそれを見て「素敵!楽しそう!」とワクワクしていました。

しかし、コピーして塗ったものをSNSに投稿することは著作権法の私的利用の範囲を超えるのではないかと、過去の投稿を一部削除する動きが出てきたのです。

それを見た他の方も焦り、同じように過去の投稿を削除し始めました。

私はこの一連の動きを見ていてどうにも腑に落ちないところがあり、もやもやしていました。

いろいろ思うことはあるものの、このことについてブログに書いてもいいのかな・・・。

迷っていたところ、フォロワーさんからこのコピーの著作権に関して「ちづるさんはどう思いますか?」とご相談をいただきました。

「私の考えを言ってもいいんだ!」と背中を押していただいたように感じたので、今日は思い切って私の考えを書きたいと思います。

なお、今回のコピーの著作権問題については、水彩紙等へコピーして塗ってSNSに投稿するということの他に、塗り絵交換のためにコピーして塗ったものをSNSに投稿するということもあるみたいです。

しかし、私は塗り絵交換をほとんどせず、そちらについてはいまいち状況を理解しきれていないので、今回は水彩紙等へのコピーに限ってお話しします。

法律に関しては素人なので浅はかな考えになるかもしれませんが、正直に自分の意見を書きたいと思います。

f:id:chizurumaro:20170307145503j:plain

 

解釈の難しさ

以前、「ダウンロード塗り絵についてどう思いますか」と私の考えを聞かれ、こちらの記事で回答しました。

記事内では私的利用についても触れたんですが、このときはダウンロード塗り絵を想定して私なりの考えを書きました。

ダウンロード塗り絵において、作者が取り扱いについてはっきり明記していない場合、塗ったイラストをSNS等のインターネット上に載せることは、作者の権利を侵害する可能性があります。

作者さんはその塗り絵を自身で販売していれば利益を得られたかもしれないからです。

この記事は自分でいろいろ調べた上で書きましたが、所詮素人の考えなのでこれが正解とは言いきれませんでした。

間違ってるかもしれないし合ってるかもしれない。

一言に著作権と言っても、解釈の仕方や時代背景、個々の事案の状況次第で見方が変わる可能性があります。

そのため、調べてこうだったから単純に正解・不正解と言い切るのは難しいということをこのとき感じました。

 

塗り絵ブームがさらに広がる可能性があったのでは?

私は塗り絵を始めて1年半。

ちょうどコロリアージュブームが広がってきた最中にハマりました。

1年半の間、自分で塗り絵についてブログを書き、InstagramやTwitterで情報収集を続けています。

1年半の間コロリアージュブームの様子を見ていて強く感じたのは、ブームはSNSによってかなり加速し広がったということ。

これは同じように感じている方も多いかと思います。

実際の数字がないのであくまで私の想像ではありますが、SNSの動きによって塗り絵本の売上や色鉛筆等の画材の売上は大きく変わったのではないでしょうか。

昨年の話ではありますが、塗り絵本の印刷用紙が出版社間で取り合いになり印刷が間に合わないほど売れていて、色鉛筆も生産が追いつかない事態が起きているというニュースを見ました。

特に、Instagramでフォロワー数が多い方が、とある塗り絵本を塗ったら他の方も続々と同じ塗り絵本を買っているように見えましたし、色鉛筆についても同様の動きを感じました。

その頃にAmazonで該当の商品を見ると在庫切れの状態になっていたり・・・。

SNSの影響力を強く感じていたので、今回の水彩紙等にコピーして水彩を楽しむということも新たな広がりにつながるのではないかと期待していたのです。

 

現在販売されている塗り絵本の多くは、水彩絵の具を使用すると紙がベコベコになります。

水彩で塗り絵を楽しみたい人にとっては、塗り絵本の紙質はなかなか大きな問題でした。

しかし、塗り絵本のイラストを専用の水彩紙にコピーして水彩を楽しむ。

これは新たな楽しみ方だと思ったんです。

今まで紙質を理由に塗り絵を諦めていた人も少なからずいるのではないでしょうか。

そんな中で水彩紙にコピーして塗っている人をSNSで見たら、

「これなら私も水彩で塗り絵を楽しめる!」

「塗りたかったあのイラストが塗れる!」

と、紙質を理由に塗り絵本の購入を諦めていた人が購入に踏み切る可能性があります。

それと同時に、水彩絵の具や水彩色鉛筆、裏写りが心配だとされていたコピックなどの画材の購入が広まる可能性も考えられます。

 

著作権は作った人の利益を守るための法律です。

確かにコピーして塗ってSNSに投稿することは、私的利用の点からアウトの可能性はあるかもしれません。

しかし、この動きによって作った人の利益につながる可能性もあったのではないでしょうか。

水彩としての楽しみ方がSNSによって広まり、それが塗り絵本や画材の売上、さらに水彩紙等の売上の向上につながる可能性が少なからずあるとしたら。

果たして、「コピーして塗ったものをSNSへ投稿すること」を一概に全てダメと言い切ってしまっていいのかどうか。

これが今回私の中で非常に引っかかった部分です。

 

塗り絵本の紙質改善につながる可能性があったのでは?

この水彩紙等にコピーする動きから私が考えたことがもう1つあります。

それは、今後出版される塗り絵本の紙質が水彩にも耐えうるものになっていく可能性があったのではないかということです。

この1年半の間、びっくりするくらい速いペースでたくさんの塗り絵本が出版されました。

その中にはたくさん売れた本もあるでしょう。

一方で、イラストの雰囲気が似たりよったりになっている塗り絵本もあります。

こちらの記事によると、塗り絵本は飽和状態だと判断している出版社さんもいるみたいです。

去年の5月で飽和状態と判断されているので、新たな塗り絵本の発売は今後どんどん少なくなっていくかもしれません。

しかし、それなら新たなイラストの塗り絵本を出版しなくても、既存の塗り絵本を紙質を変えて出版するということってないのだろうかとふと思いました。

現にひみつの花園シリーズは紙の大きさや紙質を変えて出版されています。

紙質が良くなれば当然ページ数は減ると思いますが、水彩を心置きなく楽しめる紙質の塗り絵本は需要があると思います。

特にここ数ヶ月はInstagramを見ていても水彩が一気に広まってきているように感じていました。

水彩での塗り絵が広がってきていて、既存の塗り絵本では水彩で塗るのが難しいために水彩紙にコピーをすることも広がってくる。

もし出版社の方がこの動きを見たら、水彩に耐えうる紙質の塗り絵本の需要があると気づくかもしれない。

今回の水彩紙等へのコピーは、そのきっかけとなる可能性があったのではないかと思いました。

出版業界にはそこまで詳しくないので、私が述べた水彩紙での塗り絵本出版の可能性は素人の無知な希望的観測に過ぎないかもしれません。

でも可能性としては全くのゼロではなかったかもしれない。

今回の一連の動きを見ていて、SNSへの投稿をやめてしまったらそのニーズも出版社の人に届きにくくなってしまうのではないかと感じました。

 

右にならえの前に考える

著作権って難しいですよね。

解釈の仕方次第で変わってきます。

利益を損なわなければ問題ないという見方もありますし、暗黙の了解の範囲内と解釈する人もいます。

今回、コピーして塗ったものの投稿をやめた方は、皆さんそれぞれ自身で著作権について調べて考えた上での判断だったと思います。

それは何においても大事なことですよね。

しかし、今回の動きを見て私が1番怖いなと感じたのは、その投稿を見た人がそれをそのまま受け取って同じように行動するということ。

「あ、これダメなんだ!私もやめよう。過去の投稿削除しなきゃ。」

ちょっと待って!

行動に移す前に、1度自分でもきちんと調べて、自分で考えてみる。

それから行動に移しても遅くはないのでは?

 

ちなみにこの流れを見た私の考えは、先程も述べたとおりです。

水彩という楽しみ方の広がりが減っちゃうな。

もしかしたら塗り絵本や水彩絵の具等がもっと売れたかもしれないのにな。

水彩に耐えうる紙質での塗り絵本の出版につながったかもしれないのにな。

コピーして塗ったものをSNSに載せることは良くないのかもしれないが、作者や出版社の利益を損ねるより宣伝として売り上げの向上につながったかもしれない。

こう考えると、一概にコピーはダメと言い切ってしまって本当にいいのだろうか。

著作権は何を守っているのかを考えたとき、今回のInstagramでの動きは少し私の中で引っかかる部分がありました。

今回のご相談者さんは、今回の動きについてご自身でも著作権について調べたり考えたりした上で私にご相談してくださいました。

ご相談者さんの考えも「なるほど!」ととても参考になりましたし、解釈の仕方は1つではないのではないかと改めて気付かされました。

インターネットで簡単に情報が手に入る時代だからこそ、自分で調べ、自分で考え、自分の意見を持つということも大事になってくるのではないでしょうか。

 

終わりに

素人なりに自分の考えを正直に書いてみました。

今回は著作権法を細かく見ていくと収拾がつかなくなりそうだったので、私の考えだけを率直に書きました。

なお、コピーして塗ったものをSNSに投稿することは私的利用の範囲を超えるかどうかは私には断言できません。

自分の考え以外にも、他の意見も反対意見も複数思いつきますし、どれも見方によっては正しいようにも思えるからです。

今回私が書いたことは正解でもなんでもありません。

「かもしれない」という可能性と希望的観測のお話ばかりだったので、説得力も皆無です。

浅はかな考えだなと言われたらもうぐうの音も出ません。

あくまで考え方の1つとして受け止めていただけたら幸いです。

実際どうなのかなと思ったら、ぜひみなさんも調べて考えてみてください。

 

ここまでつらつらと書きましたが、出版社や作者さんから「やめてね」と言われたら、コピーして塗ってSNSに投稿するのはやめるしかありませんね。

そういう決まりでそういう解釈なんだと理解しなければいけません。

ただ、なぜ私が今回こんな意見を書いたかと言うと、去年塗ったこちらのコロリアージュ切り絵。

これ、コピーして塗って切り抜いたんです。

(本誌を直接切り抜くことは私にはとてもできませんでした。)

出版社の方はすごく喜んでくださって、新たな塗り絵の楽しみ方の1つとしてオフィシャルブログや塗り絵のワークショップで紹介してくださいました。

今思えばコピーして塗ってインターネット上に投稿という点から見たら、私的利用の点ではダメだった可能性があります。

しかしそれ以上に、コロリアージュブームの広がりや塗り絵本の売上につながる、宣伝になると判断してもらえたのかなと思っています。

今回、自分の考えと実体験を踏まえた上で、このような記事を書きました。

しかし、繰り返しになりますが、決してこれが正解ではありません。

まずは、自分で調べて自分なりに考えてみる。

法律と合わせて、あなたなりの考えというものを大事にしてほしいなと思います。

 

結局何が言いたかったかというと。

水彩紙にコピーした塗り絵作品が見れなくなって悲しいー!!

これです。