ちづるのもっと!ぬりえライフ

自分に合った、自分だけの、心地良い「ぬりえライフ」を。ぬりえライフアドバイザー・ちづるが、大人の塗り絵(コロリアージュ)を通して、ぬりえライフをもっと楽しむためのヒントを発信します。

MENU

いつの間にか狭い視野で考えていた「楽しむ」ということ

スポンサーリンク

f:id:chizurumaro:20170411100724j:plain

今年に入ってから、しいたけ占いを定期的に見るようになりました。

その時々の自分が考えていること、感じていることをピンポイントで言い当ててくる内容に病みつきになっています。

そんなしいたけ占いから蠍座への3月のメッセージは「楽しんで」でした。

 

これを読んだ私は、無意識に「塗り絵のことだ」と決めつけていました。

だから3月前半はいつも頭のどこかで「きちんと塗り絵を楽しめるようにならなきゃ」と思っていました。

そもそも趣味に対して「楽しまなきゃいけない」という義務のような考え方をすることもちょっとおかしいんですけどね。

3月上旬はSNSを過剰に見すぎたせいで、心がグラグラして悩むことが多くとても疲れました。

結果的には、そこから、他の人の反応を気にしすぎず自分のことに集中する大切さに気づくことができました。

その点ではこのしいたけ占いの「楽しんで」というメッセージは、私にとって1つの指針になった気がします。

 

しかし、3月を終えて気がついたことがあります。

それは、全てを塗り絵やブログに繋げて考える癖がついていたということ。

おそらく、塗り絵やブログを始めた頃から、知らず知らずのうちに何事も塗り絵に絡めて考えるようになっていたのだと思います。

今思えば、塗り絵という狭い範囲でどうにかしなきゃともがいていたから、なんとなく苦しく感じる時があったのかもしれません。

このことに気づいたのは、3月後半に久しぶりに映画を見たことがきっかけでした。

それまでは、塗り絵の片手間に映画を聞き流すような見方をしていて、映画だけに集中することをあまりしていませんでした。

しかし、久しぶりに映画を集中して見たところ、心の底から「楽しい!」と思えたのです。

他にも、久しぶりにまともに漫画を読んで「面白い!」と没頭できました。

そこでようやく、塗り絵以外にも楽しいことや好きなこと、楽しめることが自分にはたくさんあるのだと思い出しました。

いつの間にか塗り絵だけに囚われてしまい、他のことも同じように楽しむことを忘れてしまっていたのです。

塗り絵だけの狭い世界に限定せず、固執せず、他にもたくさんある自分の「好き」を楽しむ。

それを思い出すための、「楽しんで」というメッセージだったのかなと思います。

 

「楽しむ」内容は自分で限定しなくてもいい。

自分にはまだまだ楽しいことがたくさんある。

塗り絵もブログもそれ以外も、好きなことを好きなペースで好きなように楽しむ。

私は1つのことに没頭しがちな性格。

だからこそ、狭い世界に囚われすぎないように、視野を広く持つことも大切にしていきたいです。

 

こちらの記事もどうぞ