ちづるのもっと!ぬりえライフ

自分に合った、自分だけの、心地良い「ぬりえライフ」を。ぬりえライフアドバイザー・ちづるが、大人の塗り絵(コロリアージュ)を通して、ぬりえライフをもっと楽しむためのヒントを発信します。

MENU

執着を捨てたら視界が広がり、ブログを書くのがさらに楽しくなった

スポンサーリンク

以前からこのブログを読んでくださっている方はお気づきかもしれませんが、4月からブログの書き方を少し変えました。

私は長いこと、「ブログに書く内容は塗り絵メインじゃないといけない」と思い込んでいました。

塗り絵ブログとして始めたので、当然ブログの話題は塗り方や作品紹介、画材紹介がメイン。

きっと読者さんもそういう記事を求めているはず。

去年から始めたお悩み相談も、塗り絵に直接関わるお悩みがほとんど。

これはこれで、自分の考えを深めたり、多様な見方を知ることができて私自身とても勉強になっています。

ただ、塗り絵と関係ないことを書くのはあんまり良くないのかなとはずっと思っていました。

そして、そのことに行き詰まりを感じ始めている自分がいました。

 

そんなもやもやした気持ちを抱えた中で取り掛かったのが、宮本佳実さんのモンモン期脱出ワーク。

すると、自分が本当に好きなこと、心から満たされることは何なのかを知ることができました。

ああ!私こういうことがしたかったんだ!

こういうことをブログで書きたかったんだ!

しかし、塗り絵と直接関係ないことを書いたら、アクセス数が下がるかもしれない。

でも、アクセス数を気にして、自分が表現したいことを我慢するのは嫌だ!

悩んだ末に、

「とりあえずアクセス数はいいや!しばらくは自分が今1番書きたいことを書こう!」

ブログに対して自分が持っていた、

「塗り絵に直接関係ある話題じゃないといけない」

「アクセス数を減らしたくない」

という執着を思い切って手放すことにしました。

 

そしたらどうでしょう。

自分の脳が突然別物になったかのように、ブログに書きたいことが次から次へとあふれてくるようになりました。

それまでも塗り絵に関する記事を書くことは楽しかったし、書くネタも何かしらありました。

ただ、毎回記事を書くときはちょっと気合いが必要で、頻繁に更新するには少ししんどかった。

しかし、本当に好きなことに気づき、執着を手放した途端、次から次へと無理なく書きたいことが思いつくようになったのです。 

f:id:chizurumaro:20170516120243j:plain

ずっと塗り絵のことしか書いてはいけないと思っていた。

その思い込みが自分の発想にもブレーキをかけていた。

しかし、塗り絵とは直接関係ないかもしれないけれど、塗り絵を通して気づいたことはたくさんある。

今まで塗り絵を通して感じたこと。

モンモンとずっと悩んできた自分のこと。

日常のささいな気づき。

そういうことをもっと書きたい!

書こう!

そう決めて、今まで自分を制限していた思い込みをなくした途端、思考回路が切り替わったかのように、書きたいことが次々出てくるようになった。

今までの自分の経験のいろんなことを、「するんっ」と難なく言葉にできる。

本当に不思議な感覚でした。

こんなことは、ブログをやってきて初めてかもしれません。

 

この状態がいつまで続くかわかりませんし、もしかしたら来月には書くことがなくなって、てんやわんやしているかもしれません。

ブログの運営手法とかそういうものも今は一旦後回しにしているので、これがどういう結果になるかもわかりません。

しかし、今は書きたいと思えることがたくさんあるのだから、まずは目の前のことを楽しみながらとことんやってみます。

きっとまたその先で何かにつながっていくはず。

 

今まで自分がこだわっていたものを思い切って手放したら、視界が開けて、ブログを書くことがより一層楽しくなりました。

自分が書きたいことを、自分のブログで思う存分表現できる幸せを、今改めて強く感じています。

 

 

書き方を変えた4月の記事一覧はこちら