ちづるのもっと!ぬりえライフ

自分に合った、自分だけの、心地良い「ぬりえライフ」を。ぬりえライフアドバイザー・ちづるが、大人の塗り絵(コロリアージュ)を通して、ぬりえライフをもっと楽しむためのヒントを発信します。

MENU

私も最初からできたわけじゃなかったんです。

スポンサーリンク

以前、私の3色塗り絵の動画を見た読者の方から、「こんなに何回も重ね塗りして自分にはできそうもないと感じた」というコメントをいただきました。

コメントをくださった方は塗り絵を始めて間もないとのことでした。

 

思えば、私も以前はこの方と同じことを感じていたなと思います。

私は塗り絵を始めて数ヶ月くらいの頃に、とても素敵な塗り方をする憧れの方に出会いました。

何色も丁寧に重ね塗りをしていて、複雑で繊細な色合いにうっとり。

私もこんな風に塗りたい!

しかし、当時はまだ重ね塗りの方法がわからず、どうしたらいいのか見当もつきませんでした。

 

塗り絵を始めた頃なんて、自分の中に「重ね塗り」という言葉すら存在していませんでした。

配色すらも無茶苦茶です。

もはや私の中でネタのようになっていますが、1番最初の作品はいろんな意味ですごいです。

f:id:chizurumaro:20170530161944j:plain

なぜこの色にした!っていう(笑)

最初はこんなにひどかったのに。

重ね塗りなんて全くできなかったのに。

気づけば、いつのまにか重ね塗りが大好きになっていました。

 

私も最初から重ね塗りができたわけではありません。

最初はベタ塗り、単色塗りしかできませんでした。

それでも、最初はそれがとても楽しかった。

そのうち、見よう見まねでグラデーションを塗り始めました。

しばらく経つと、今度は同系色の色を使って重ね塗りをするようになりました。

重ね塗りも、最初は2色からのスタート。

今でこそ7色重ねたりするようになりましたが、最初は2色の重ね塗りが精一杯でした。

同系色の重ね塗りに慣れてきて、「もっとステップアップしたい!」と思い、挑戦したのが3色塗り絵です。

 

3色塗り絵のような重ね塗りをするために、私と同じ手順を踏む必要は全くありません。

もっと早いタイミングでやろうと思えばできたと思います。

私の気持ちとタイミングの関係で、こんな順番で3色塗り絵にたどり着いただけです。

塗り絵を始めて間もなくても、「3色塗り絵をやってみたい!」と挑戦している方もおそらくいらっしゃると思います。

 

ただ、「やってみたい」という気持ちより、「自分にはできそうもない」という気持ちの方が大きいとしたら。

それはまだ、そのタイミングじゃないのかもしれません。

私も憧れの方の3色塗り絵を拝見して、「素敵!」と思いましたが、「自分にはまだ無理だ」という気持ちの方が大きかったです。

少しずつ重ね塗りというものに慣れてきて、「今ならいけそう!」と思ったタイミングで3色塗り絵に挑戦しました。

 

義務でもなければ課題でもない。

いつ、実行するかはすべて自分の自由です。

「自分にはまだ無理そう・・・」と思ったら、それで良い。

じゃあ、今やりたいと思うこと、わくわくすることはなんだろう?

それをただひたすら夢中になって楽しんでみてください。

そうやって塗り絵を楽しんでいれば、「自分にはできそうもない」と感じていたことが、いつのまにかすぐ手の届きそうなところまで来ているかもしれません。

f:id:chizurumaro:20170530163546j:plain

今はできそうもないかもしれない。

だからと言って、ずっとできないわけではありません。

「今の自分にはまだ難しいな」ということは、無理せず、今後の楽しみにとっておいてください。

 

3色塗り絵はこちらからどうぞ

 

こちらの記事もどうぞ