ちづるのもっと!ぬりえライフ

自分に合った、自分だけの、心地良い「ぬりえライフ」を。ぬりえライフアドバイザー・ちづるが、大人の塗り絵(コロリアージュ)を通して、ぬりえライフをもっと楽しむためのヒントを発信します。

MENU

【ご相談】塗り絵の時間はどのように確保していますか?

スポンサーリンク

今日は塗り絵の時間の確保についてのご相談をいただきました。

悩みは「ぬりえの時間がなかなか取れない」です。

私は専業主婦なのですが、家事をしたり買い物に行ったり、その他の雑務をこなしているとあっという間に1日が終わります。

今はブログ(ぬりえとは関係ないブログです)を始めようと思っていて、その準備もしているので、ますます時間がありません。

ちづるさんはどのようにぬりえの時間を確保していますか?

ちづるさんの1日のタイムスケジュールも気になります(о´∀`о)

ご相談者さん、家のことや家族のためのことなどでお忙しい毎日を過ごしているかと思います。

さらに新たにブログを始めるとのことで、活動の幅を広げていく姿はとても素敵ですね。

さて、肝心の私のスケジュール。

世間大多数の主婦さんに比べて、かなりゆるゆるした贅沢な時間の使い方をしています。

時間の使い方が上手じゃないのに、このご相談にお答えして大丈夫だろうかという不安。

どこまで役に立てるかわかりませんが、私の1日のタイムスケジュールと、普段の生活の中で意識していることをご紹介します。

f:id:chizurumaro:20170616132116j:plain

 

ちづるのある日の1日

8:00 起床・夫のお昼のおにぎり作り

昔から朝は弱いです。

我が家は朝食はセルフサービスのため、夫は仕事の時間に合わせて先に起きて自分で用意して食べています。

夫婦揃って朝テレビで放送されている韓国ドラマにはまっており、私はドラマが始まる8時頃に起床。

韓国ドラマを見ながら、夫のお弁当替わりのおにぎりを握ります。

さすがに毎日おにぎりだと飽きるんじゃないかと尋ねたところ、「具が違うから飽きない!」と言われました。

お弁当とか作った方がいいかと訊いたところ、「食べやすいからおにぎりがいい!」と言われました。

(たまにお弁当を買うこともあります。)

 

8:30 家事

夫を見送った後は、掃除・洗濯・皿洗いなどをして、自分のお腹が空くのを待ちます。

掃除は毎日必ずというわけではありません。

今日は掃除機、今日は床拭きも兼ねてクイックルワイパー、今日はカーペットをコロコロ・・・というように日によって掃除する場所や方法を変えています。

しない日もあります。

洗濯は夫婦2人だけなので、溜まってきたらやります。

基本的に家事はゆるゆるです。

やりたくないときはしません。

 

9:30 朝ご飯

 

10:00~13:00 身支度したりブログ書いたり

ここからはその日の予定や気分によってかなり変動します。

シャワーは朝派。

ブログは最近この時間帯に書くことが多いです。

ブログを書いていると時間の感覚がなくなり、気づけば13時、14時になっていることがしばしば。

 

13:00~17:00 外出

この時間帯の行動も日によって変わります。

買い物に行ったり、カフェに行ったり、お昼ご飯を食べたり、お昼寝したり。

食材の買い出しは午後に行くことが多いです。

カフェに行くときは、お昼がてら軽食をとったり、ブログネタをメモしたり、本を読んだりと、なかなか充実した時間を過ごせます。

家でお昼を食べると、食後に眠たくなり布団でぐっすり1~2時間は寝ます。

最高です(笑)。

 

17:30 夫帰宅

晩ご飯の支度をします。

夫は料理上手なので、たまに夫を巻き込んで一緒に作ってもらいます。

 

18:30 夕食

録画した「巨人の星」と朝の韓国ドラマを見ながらのんびりご飯を食べます。

 

20:00 自由時間

塗り絵をしたり、本を読んだり、たまにこの時間にブログを書くこともあります。

最近塗り絵は夜にするようになりました。

夫婦2人、たまにおしゃべりしながらも各自好きなことをしています。

 

22:30 寝る準備

 

23:30 就寝

 

1日のスケジュールのポイント

1日の過ごし方は大体こんな感じです。

ご覧のとおり、ものすごく自由にさせてもらっています。

一応現在療養中なので、「無理しない」「やりたくないときはやらない」をモットーに過ごしています。

家の掃除は毎日隅々まできちんとできたらなと思いますが、自分の無理のない範囲・ペースを心がけています。

あと、毎日掃除しなくても死なない。

実はこれでも、仕事に行っていたときよりは家のことをできるようになったんです。

仕事に行っていたときは夫婦共働きで、特に私は残業がち。

夜は夫が主にご飯支度をしてくれていて、私は帰宅後ヘトヘト。

家の掃除なんて全く手が回らず、本当はもっとちゃんとしたいのにできない自分に対して、罪悪感とイライラが募っていました。

今はのんびり自分のペースで自分のやりたいときに家のことができます。

時間に追われることがない生活をおくれていることは本当にありがたいです。

 

塗り絵は最近夜にしています。

日中は外出したりブログを書くなどの頭を使う時間に充てています。

少し前までは外に出ることを億劫に感じていたんですが、最近は嬉しいことに外出の頻度が増えてきました。

そのため、塗り絵は自然と夜にやるようになりました。

 

ほかのご夫婦がどう過ごされているのかわかりませんが、我が家は基本的に2人とも家にいても、それぞれ自分の好きなことをして過ごしています。

合間にちょこちょこおしゃべりしたり。

(主に私が夫に話しかけて夫の集中力を削いでいます)

これはもう何年も変わりません。

2人とも自分の好きなことをする時間を大切にしているからこそ、塗り絵の時間も取りやすいのかもしれません。

 

1日のスケジュールの「当たり前」を疑う

私のスケジュールのゆるゆる具合に驚かれた方も多いかもしれません。

これでも、仕事を休み始めたときは、「ずっと家にいるんだから家のことをちゃんとしなきゃ」と思っていました。

(できていたかは別として。)

しかし、そんなに頑張らなくていい、できなくてもいい、しんどいときは夫に甘えてもいい。

そのことに気づき、少しずつ自分の考え方を変えてきて、今のスケジュールに落ち着きました。

実際、晩ご飯が作れなくても夫は怒りません。

私の調子が悪いときは夫が自分で簡単に食事を用意します。

私が単に作りたくないときは「たまにはいいか」と出前をとったりします。

多少部屋が散らかっていたり、ちょっと部屋の隅にホコリが溜まっていても気にしません。

「やらなきゃいけないと思っていたのは私だけだったんだ」

そのことに気づいてからは、「やってもやらなくてもどっちでもいい」と思えるようになりました。

自分に余裕があってやりたいと思ったらやればいいし、やりたくないなと思ったときはやらない。

自分の中の「こうじゃなきゃいけない」を少しずつ減らしていきました。

 

ご相談者さんのように、毎日懸命に頑張っているみなさん。

私の想像以上にお忙しい毎日を過ごされているかと思います。

そんな頑張り屋のみなさん、やることがたくさんあって自分の時間が作れないというみなさんへ。

1つだけ考えてみてほしいことがあります。

それは、自分の中の「当たり前」を疑うということ。

 

それは毎日やらないといけないことですか?

1日置きとかではダメですか?

どうしても自分でしないといけませんか?

ご家族に相談してみたら、意外と協力してくれるかもしれませんよ。

ご家族に自分の気持ちを伝えたことはありますか?

多少手を抜いたり、やらない日があったとしても、ご家族はそんなに気にしないかもしれません。

 

「やらなきゃいけない」

そう思っているのは誰なのか。

あなたが思っているよりも、自分をもう少し甘やかしても大丈夫かもしれませんよ。

今回のご相談者さんのように、忙しい毎日に加えて何か新しいことを始めようと思っている場合は、自分の時間を確保するために、自分で自分を今までより少し甘やかしてみてください。

 

自分の時間を予約する

1日のスケジュールの中で「当たり前」を見直し、スケジュールに余白を作ることをお伝えしました。

このほかに、美容院や歯医者さんのように、予め自分の時間を予約することも方法の1つです。

例えば日中13時から15時は自分の時間と決めてしまう。

そこにはほかの予定を入れないようにし、やるべきことはそれ以外の時間で済ませてしまうという方法です。

私は、ブログを書くとしたらこの時間帯、塗り絵をするとしたらこの時間帯というようにざっくり決めています。

なんとなくでもいいので、だいたいの時間帯を決めておくことで家事やブログに取り組みやすくなりました。

 

さて、子どもがいる場合。

私はまだ子どもがいなくて子どもがいる生活を経験していないので、なんとも言えません。

そんな私の考えつくことと言ったら、「子どもが〇〇したら自分の時間」と決めることでしょうか。

子どもの年齢にもよりますが、夫婦(大人)だけの生活のときよりも決まった時間の確保が難しいのかなと思います。

そこで、子どもが学校や幼稚園に行っている間、子どもが寝ている間、宿題している間・・・など、子どもの行動に合わせて自分の時間を確保することも1つの方法かもしれません。

実際、みなさんがどのように自分の時間を確保されているのか、ぜひお聞きしてみたいですね^^

 

1人で抱え込まない

「自分の時間」。

これは、誰にとっても大切な時間だと思います。

自分の時間が欲しいけれど、今のままだと難しい・・・。

困ったときは、1人で抱え込まずにご家族に相談してみてください。

専業主婦はその役割上、確かに家のことを一手に引き受けることが多いかもしれません。

しかし私は、役割とは別に、家のことや家族のことは、どちらか1人だけではなく夫婦2人で考えるべきことだと思っています。

1人で抱え込まない。

パートナーを巻き込んで情報を共有する。

今の生活の中で「ちょっとここがしんどいな」と思ったら、ぜひパートナーの方を巻き込んで、一緒に考えてもらってみてください。

自分1人だけでは難しいことでも、ご家族のアドバイスや協力で解決するかもしれません。

 

終わりに

私がひとさまに自分の1日の過ごし方をお伝えする日が来るなんて、思いもしませんでした。

予想以上にゆるゆるでびっくりされたかと思います。

(ちなみに去年はもっとゆるゆるでした。)

ドン引きされたらどうしようとドキドキしながらこの記事を書いています。

むしろこんな毎日でも、生活も夫婦仲も特に問題なく過ごせているので、みなさんどうぞ自信を持ってください。

ただし、これもすべて夫の理解があってこそなので本当にありがたいです。

ぜひみなさんも、家族で雑談がてら自分の時間について話してみてください。

 

 

こちらの記事もどうぞ