ちづるのもっと!ぬりえライフ

自分に合った、自分だけの、心地良い「ぬりえライフ」を。ぬりえライフアドバイザー・ちづるが、大人の塗り絵(コロリアージュ)を通して、ぬりえライフをもっと楽しむためのヒントを発信します。

MENU

【リベンジ塗り・その2】丁寧に塗るだけでこんなに変わりました。

スポンサーリンク

前回からスタートした「リベンジ塗り」。

塗りかけで途中放置していた塗り絵。

続きを塗ろうとしても、塗りかけの出来があまりに拙すぎて、現在との技術に差があり続きを塗ることができない。

じゃあ消しゴムで消してやり直してしまおう!

という企画です。

現在こちらのカップケーキを1つずつリベンジしています。

f:id:chizurumaro:20170627143933j:plain

今日は下段真ん中のカップケーキをリベンジしたのでご紹介します。

 

使用した塗り絵本

 

使用画材

三菱鉛筆 色鉛筆 880 36色 K88036CP

三菱鉛筆 色鉛筆 880 36色 K88036CP

 

最初に塗ったときと同じ色鉛筆を使用します。

 

真ん中下段のカップケーキをリベンジ

今回はこちらのカップケーキをリベンジします。

f:id:chizurumaro:20170628160129j:plain

もうびっくりするくらい雑ですね・・・。

あちこちはみ出してるし、葉っぱの塗り方もグラデーションっぽいことでもしようとしたんでしょうか。

当時の私この塗り方で良いと思ってたんだろうか。

いや、良くないから気に入らなくてやめたのか。

配色にもツッコミを入れたいんですが、キリがないので後にしましょう。

 

当時の使用色は

・あか

・れもんいろ

・きいろ

・みずいろ

・あお

の5色のようです。

 

まずは消しゴムで消しちゃいましょう。

f:id:chizurumaro:20170628160313j:plain

意外ときれいに消えてくれました。

うっすら赤い色や青い色は残っていますが、同じ配色で塗り直す予定なので問題ありません。

しかし前回同様、どれだけ筆圧濃く塗ったのか紙がボコボコしちゃってます。

今回もあまり色乗りは良くなさそうなので頑張ります。

 

そして撮り忘れる途中経過。

 

今回のカップケーキの配色で1番ツッコミを入れたいのが、ケーキの上の部分。

f:id:chizurumaro:20170628161814j:plain

これってホイップクリームのデコレーション的なアレですよね?

多分そうですよね?

当時の私にはこれがリンゴにでも見えたんだろうか。

なぜ赤と黄色の2色展開にしようとしたのか、今でも謎です。

 

そして完成がこちら。

f:id:chizurumaro:20170628162822j:plain

いかがでしょうか。

ひたすら丁寧に塗ることを心がけるだけでこんなにも違うとは・・・。

リベンジ前は塗り方が雑で色もスカスカだったせいか、配色もとても残念な感じに見えていました。

しかし、丁寧に塗りこんだだけで、あんなにひどかった配色が可愛く見えるというミラクル

塗り方の重要さを今さらながら突きつけられています。

 

使用色のビフォーアフターは以下のとおりです。

・あか   → あか+べにいろ

・れもんいろ→ きいろ+やまぶきいろ

・きいろ  → やまぶきいろ+だいだいいろ

・みずいろ → みずいろ+あお

・あお   → あお+ぐんじょういろ

それぞれを2色ずつのグラデーションで塗りました。

 

カップの土台部分はグラデーションをつけて、以前より色濃く明るくなりました。

f:id:chizurumaro:20170628162709j:plain

 

葉っぱのグラデーションも以前より自然な感じにできました。

f:id:chizurumaro:20170628165327j:plain

気に入らなかった配色が、塗り方を変えただけでこんなにも可愛く変化したことは驚きです。

今回もリベンジ成功です!

 

終わりに

「リベンジ塗り・その2」いかがでしたか?

このページ、完成させずに途中で放置しておいてよかったのかもしれません。

おかげで塗り直しという発想が生まれ、それがとても楽しい。

実は、以前の自分が上手く塗れなかったせいで、この塗り絵本自体もどうしていいかわからなくなっていました。

他のページを塗ろうかなと思っても、「きっとまた上手く塗れないかもしれない」なんて思っていたのです。

しかし、今回塗り直したことで、この塗り絵本が前より好きになりました。

塗り方を変えるだけで、こんなに変わるんだ!

それがわかったので、これからはこの塗り絵本をもっと楽しめそうです。

次は左下のカップケーキをリベンジします。

ではまた次回〜。

 

こちらの記事もどうぞ