ちづるのもっと!ぬりえライフ

自分に合った、自分だけの、心地良い「ぬりえライフ」を。ぬりえライフアドバイザー・ちづるが、大人の塗り絵(コロリアージュ)を通して、ぬりえライフをもっと楽しむためのヒントを発信します。

MENU

最後まで完成させなきゃいけないなんて一体誰が決めたの?

スポンサーリンク

ブログ2周年プレゼント企画用(9月予定)に塗っているこちらの塗り絵。

f:id:chizurumaro:20170701164418j:plain

イラストの外側(背景)を赤と黄緑で塗りたくなり、思いついてからすぐに開始。

塗りつぶしがとにかく楽しくて夢中で塗りました。

そして背景を全て塗り終え、そこで手が止まりました。

理由は簡単。

 

満足してしまったのです。

 

どうやらこのイラストは、私にとって「完成させたい」よりも「背景をこの色で塗りつぶしたい」という気持ちの方が大きかったみたいです。

実際に背景を塗りつぶしたことによって、気持ちが満たされてしまいました。

と、こんなことを言っていますが、このイラストはプレゼント企画用にと考えているのできちんと最後まで完成させる予定です。

しかし、

【塗りたいところを好きなだけ塗って、満足したらやめる】

これも1つの楽しみ方だなと気づきました。

f:id:chizurumaro:20170704150655j:plain

 

子どもの頃から「一度始めたら最後までやり遂げないといけない」という考えが根付いていたせいか、塗り絵においても最後まで完成させなきゃいけないと思い込んでいました。

あれ?

でも、それって誰が決めたの?

そもそも、最後までやり遂げなきゃいけない理由って何?

その理由って、塗り絵にも当てはめないといけないの?

 

1ページを満遍なく全て塗らなきゃ「完成」とは言えないんだろうか。

自分が塗りたいところだけを好きなように塗って、それで満足できたなら、それが自分にとっての「完成」でもいいんじゃないか。

そういうゴールもあってもいいんじゃないか。

 

もっと自由に。

好きなように。

いろんな楽しみ方があっていい。

いろんなゴールがあっていい。

それを自分に許す。受け入れる。

楽しく心地よいぬりえライフの過ごし方は、まだまだたくさんありそうだなと感じたある日の出来事でした。

 

ファーバーカステル ポリクロモス色鉛筆セット 120色 缶入 110011 [日本正規品]

ファーバーカステル ポリクロモス色鉛筆セット 120色 缶入 110011 [日本正規品]

 

 

こちらの記事もどうぞ