ちづるのもっと!ぬりえライフ

自分に合った、自分だけの、心地良い「ぬりえライフ」を。ぬりえライフアドバイザー・ちづるが、大人の塗り絵(コロリアージュ)を通して、ぬりえライフをもっと楽しむためのヒントを発信します。

MENU

リベンジ塗りを経験したら、配色の決め方の選択肢が広がった

スポンサーリンク

配色の本を持っていますが、今まで全く使いこなせていませんでした。

買った当初は色鉛筆の色数も少なくて、配色本に載っている色を持っていなかったり。

塗り絵にどう反映させたらいいのかというコツもイマイチ分からなかったり。

どうせ配色本は上手く使えないからと、塗り絵に積極的に取り入れることはあまりしてきませんでした。

だから今までは、自分が好きな色を選んだり、自分の好きなものを参考にして色を決めたりしていました。

実際それで楽しかった。

f:id:chizurumaro:20170725121542j:plain

 

しかし先日終えたリベンジ塗り。 

塗り直す6個のカップケーキのイラストのうち、配色本を元に色を決めたものが1つだけありました。

f:id:chizurumaro:20170706160401j:plain

そして改めて塗り直してみて、配色本はやはり勉強になるなと強く感じました。

自分では思いつかない色の組み合わせで塗ることができるし、配色本を参考にすればきっと自分の中の配色パターンがどんどん増えていくでしょう。

これからはもっと配色本を取り入れてみたい。

そんな気持ちが湧き上がってきました。

 

それ以外の5つのカップケーキは2年前に自分が考えた配色。

どれもぶっ飛んでてありえない、今だったら絶対に選ばないであろう色の組み合わせばかりです。

しかし丁寧に塗り直した後、最初に出てきた言葉は「意外といいじゃん……」でした。

f:id:chizurumaro:20170721212414j:plain

こんなにぶっ飛んだ配色でも、そんなに変じゃない。

なんだ、何色でもいいのか……。

そう気づきました。

 

こうして、リベンジ塗りをした結果、私の配色に対する選択肢が一気に増えました。

今までは自分の好きなものを参考にして配色を決めたり、自分の好きな色で変じゃなさそうな配色を選んだりと、そんな決め方ばかり。

楽しいけれど、自分の中の配色パターンはそんなに多くないのでなんとなく行き詰まりを感じ始めていました。

しかしリベンジ塗りをしたことで、配色本を参考にするという選択肢が浮上。

さらに、何も考えず好き放題塗るという選択肢も浮上しました。

ちょっと見方を変えたら視界がひらけて選択肢が広がったのです。

 

今まで配色本を全く活かせていなかったので、配色本を参考にしたら自分の塗り絵はどんな感じになるのか。

想像するだけでワクワクしてたまりません。

また、自由な色選びもあえて選ぼうとすると難しいかもしれませんが、目をつむってランダムに色を選ぶという決め方にすれば、ドキドキしながら楽しめそう。

これはぜひとも一度やってみたいです。

 

何か好きなモチーフがあれば、それを元に配色を決める。

配色本でいいなと思った組み合わせがあったら、それを参考に塗ってみる。

何も考えず自由に色を選びたいなと思ったら、手当たり次第色を選んで塗ってみる。

どれを選んでもきっと楽しい。

そのときの気分に合わせて、配色の決め方も好きな方法を選ぼう。

選択肢を広げて、もっと自由に好きなように楽しもう。

 

ちづるの持っている配色本

まだ全然使いこなせていませんが参考まで。

気になる本はぜひ書店で見てみてください^^

 

こちらの記事もどうぞ