ちづるのもっと!ぬりえライフ

自分に合った、自分だけの、心地良い「ぬりえライフ」を。ぬりえライフアドバイザー・ちづるが、大人の塗り絵(コロリアージュ)を通して、ぬりえライフをもっと楽しむためのヒントを発信します。

MENU

未来を気にしてもどうしようもない!考え方を変えたら未来の自分が楽しみになりました。

スポンサーリンク

先日堀江貴文さんの「すべての教育は『洗脳』である」、「好きなことだけで生きていく。」を読みました。

この2冊を読んで、今好きなことに没頭することの大切さや、没頭しても良いのだということを強く感じました。

それと同時に、自分が「今」ではなく「未来」をとても気にしすぎていることに気がつきました。

今後塗り絵を続けて、ブログを書き続けて、自分はどこに進んでいくのか。

このままでいいんだろうか。

漠然とした夢みたいなものはあるけれど、本当にそんな夢叶うんだろうか。

それも途中で変わるかもしれない。

未来のことに気を取られて今に集中できていない自分がいました。

 

今年の最初にこんな記事を書きました。

当時の自分が1番強く感じていた「塗る瞬間をちゃんと味わいたい、楽しみたい」という気持ち。

書いたのがたまたま年の初めだったんですが、不思議なことに今年はことあるごとに「今を楽しむ」「今に集中する」というキーワードが自分の中からも周りからもたくさん出てきます。

さらに冒頭でもご紹介しましたが、初めて読んだ堀江貴文さんの本。

出るわ出るわ「今を楽しむ、今に没頭する」という「今」というキーワード。

それと同時に思い知る、いかに未来を気にしすぎていたかという自分の姿。

 

実はしいたけ占い・下半期(私は蠍座です)でも、「自分のことに集中する」というようなニュアンスの内容が書かれていました。

下半期が始まって1ヶ月。

これだけ「今の自分に集中する」というキーワードが集まると、もうやるしかないだろうという気持ちになります。

いかに「今」に没頭できるか、楽しめるか。

「今」の自分の考えや感じていることを大切にできるか。

f:id:chizurumaro:20170801155836j:plain

どうなるかわからない未来を気にしてもどうしようもありません。

困ったらまたそのとき考えればいい。

不安がないといったら嘘になるけれど、自分ならきっとなんとかなるんじゃないかという謎の自信はある。

今の自分がやりたいことに没頭したら、自分はどう変化していくのかな。

そう考えると、未来の自分が「楽しみ」で仕方ありません。

気にするべきは未来じゃなくて「今」。

下半期は、今までと少しスイッチを切り替えていきたいと思います。

 

こちらの記事もどうぞ