ちづるのもっと!ぬりえライフ

大人の塗り絵(コロリアージュ)を通して、自身の体験をもとに、ぬりえライフをもっと楽しむための情報を発信しています。

MENU

色鉛筆を鉛筆削りで削るとすぐに短くなってしまう……。芯だけ削れる鉛筆削りはいかがですか?

今日はこんなご質問をいただきました。

ちづるさんは、色鉛筆は削り機だけで削りますか?

河合ひとみさんの本に、削り機で削るとすぐに短くなってしまうので、カッターで削りましょう。と、ありました。昔の本です。

先を尖らせる塗りに慣れ、尖らせていると、色鉛筆が怖ろしく早く短くなります。

もう少し長持ちする方法はないかなあ、と質問させて頂きました。

もう、先の丸い色鉛筆では塗れません。

ご質問ありがとうございます。

私は色鉛筆を削るときは削り機のみを使っています。

今までカッターで削ったことがなく、うっかり手を切ってしまう未来しか思い浮かばないので(笑)、安全第一で鉛筆削り機を使用しています。

私もマメに芯先を尖らせるのが好きなので、何か良い方法はあるかな?と調べてみたところ、芯だけを削ることができる鉛筆削りがありました。

f:id:chizurumaro:20181018114637j:plain

 

色鉛筆画家さんが使う芯だけ削れる鉛筆削り

今回このご質問をいただいて調べていたら、色鉛筆画家・渡辺美香子さんのこちらのブログ記事にたどりつきました。

ameblo.jp

こちらの記事の中で、渡辺さんが紹介されていた鉛筆削りが、「M+R No.207 メタル3穴シャープナー」

この鉛筆削り、削り穴が3つあり、

・通常

・鉛筆の木部だけ削る

・ 鉛筆の芯だけ削る

と3通りの削り方ができます。

渡辺さんは、芯先が丸くなったときは、3番目の芯だけ削るところを使っているそうです。

これだと、一回尖らせた芯の先だけを何回か再生して使えるから

無駄削りがなくなって色鉛筆を長持ちさせることができるんです

とのこと。

なるほど!これはいいかも!

削った芯先の様子は、先ほどの渡辺さんのブログ記事で詳しくご紹介されているので、ぜひご覧になってみてください。

 

芯だけ削るならKUMの鉛筆削りも

メタル3穴シャープナーを見ていて、こちらの鉛筆削りがあることも思い出しました。

去年鉛筆削りを数種類購入するときに、事前にTwitterでフォロワーさんにオススメの鉛筆削りを教えていただきました。 

そのうちの1つが、このKUMの鉛筆削り。

2穴タイプの鉛筆削りで、

・芯だけ削る

・木軸だけ削る

と削り方が2通り選べます。

去年は購入を見送ったんですが、今改めて説明を見ると、芯だけ削れるというのはとても気になります。

 

終わりに

カッターで削るのは慣れていない

色鉛筆が早く短くなるのがもったいない

という方は、芯だけ削ることができる鉛筆削りはいかがでしょうか?

本当は自分で使った感想をご紹介できたらよかったんですが、去年鉛筆削りをたくさん買ってしまったので、今回は「こんな鉛筆削りもあるみたいですよ」という情報だけひとまずお知らせしますね。

私も芯先をマメに尖らせたいと思うことが多いので、次に鉛筆削りを買うときはこの2種類をぜひ試してみたいです。

そのときは、また感想などご紹介できたらなと思います。

ではまた次回〜。

 

これまでご紹介した鉛筆削りはこちら